読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

メンタル不調のときの付き合い方

心の病

最近メンタルの調子がイマイチな私。自分で自分の調子を知ることができれば、それへの対策も打つことができますよね。近くの人や自分でノートに書き留めるなど、明日の自分へ何らかの手がかりを残しておくと良いと思います。

本日の駄文

昨日は久しぶりにへばっていました。ずーっと布団から出ることが出来ず、布団から出たとしてもすごーくぐったり。まともに起きていることが出来ずに1日を過ごしてしまいました。なかなか最近ではこういったことなかったのに。まぁ原因ははっきりしているんですけど、そんな簡単にストレッサーを除去できないのもサラリーマンの苦しさだったりして。

メンタル不調のときの付き合い方

ここ最近、どうもメンタルの調子が日に日に悪くなってきています。直接的な原因としては、先週の名古屋出張で肉体的に疲れたからというのもあるのでしょうけど、もっと本質的な原因としては上司との反りが合わないこと。なんとか騙し騙しやってきてはいましたが、先月の業務報告をしている途中で流石に呆れたというか。なにを報告してもお小言を言われてしまい、ひたすらに疲れてしまったのです。怒りや反骨心を通り越し、対応することへの疲れ。ただただ疲れてしまった、と。

いままでなんとか保ってきた自分の中の精神がグラグラしてしまい、その後調子の悪い日が続いています。私の場合それは寝起きに現れ、朝布団から出てくるのが億劫で仕方なく仕事に出られなくなってしまいます。一度寝始めたら2時間ずつ目がさめるのですが、目がさめる度に億劫で布団から出れず1日が終わる。はやく1日が終わってほしいと願い、夜になるといつものルーティンをこなせることに喜びを感じる(お風呂→酒(夕食)→酔っ払って就寝)。

自分で「調子が悪いときがこんな時」という自覚症状が持てれば、それに対応する対策も打つことが出来ます。私の場合は、とにかく布団を出て朝の身支度をすること。強制的にでも家から出れば、8割くらいの確率で会社にたどり着けます。残り2割でダメなことがあった際は、それは本当にダメな日だから諦めて家から出ない。休養の日とする。そういった割り切りも必要なんじゃないかと考えられるようになりました。(病気を発症してから5年以上経ちますが、この境地に至るのには相応の時間が必要だとも考えています)

本当は、周りの皆さんが観察し、どんなときが調子が悪い時なのかを理解してあげることが一番いいんですが、私のような単独行動を好む人は「自分で自分の行動を書き留めておく」ことも有効です。調子の波、できたこととできなかったこと。その時の感情やストレスのきっかけなど。何が原因だったか、どんなことがおきたか、後で見つめ直すことができれば、調子の悪いときの対応策も早目に打つことが出来ます。私もいま、朝起きれたのでこうやってブログを書けています。こういった積み重ねが大事なんでしょうね。

以前にもご紹介したような気がしますが、ご愛用のノートがツバメノート。これに万年筆を使って自分の思いやその日の調子などを書いています。もうかれこれン十年書いていますが、このノートは本当に過去からずっと変わらない。質の良さと書くことへの喜びを感じられる素敵なノートです。

心の病とお薬と

心の病
本日の駄文

歯の詰め物が取れまして、久しぶりに歯科にいきました。いつもお願いしている歯医者さんが人気すぎたので、勤務地の近くで診てもらったところあっという間に診察完了。虫歯も無くよかったです。椅子に座るとドキドキしてしまうのは、一体どうしたものでしょうかねぇ。

心の病とお薬と

昨晩、古くからの友人と会いまして。久しぶりに会うので結構楽しみにしていたのですが、直前になって「行けるかどうかわからない」との連絡が。結果的には会うことが出来たのですが、話を聞くと奥様がメンタルを患ってしまい、お世話しなければならない可能性があったとのこと。。。

奥様はバリバリのキャリアウーマンだったそうですが、仕事上のストレスから休職→退職していまは家に引きこもりがちなんだそうです。私もそんな機会あったなぁと思い色々アドバイスしましたが、一番困っているのは「薬をきちんと飲むことができないこと」だそうでした。

メンタルの薬は風邪薬と違って、即効性のある薬は基本的にはありません。短くても数日、だいたい2週間くらいで「効いてきたかな?」と感じることが多いんです。だから、医者の先生から処方された薬は、定量を守って忘れずに飲み続けること。基本中の基本ですが、周りに助けてくれる方がいらっしゃらなければこれすら危うい。それがメンタルを患う怖さなのかもしれません。

焦って沢山薬を飲んだり、もう大丈夫だと思って勝手に薬を止めたり。実はこういったことは治るまでの時間がちょっと長くなってしまうだけかもしれません。(私のお医者様からは「沢山薬を飲んでも気持ち悪くなるだけだから止めたほうがいいですよ」と教えていただきました)友人の場合はサポートする側の立場ですから、きちんと朝晩薬を飲んでくれているか確かめるといいかも、とアドバイスしておきましたよ。簡単ですけど、結構重要。

で、どうしてもオススメしたいピルケース。高いものでなくてもいいので、7個以上くっついているのがポイント。(100円ショップでも売っているそうです、私は無印のが好き)薬が増えてくると、毎回薬を出す作業がめんどくさくて飲みたくなくなるものです。このようなピルケースに、休日に薬を纏めてポン。飲むときもワンタッチでお口にイン。月〜日までのシールを貼って置けば、いつ飲み忘れたかも管理できます。ピルケースを使うようになってから、私も薬を飲む習慣がめんどくさくなくなりました。是非活用してみてください。

私のカバンの中身

みなさんは、普段どんなものを持ち歩いていらっしゃいますか?仕事絡みになりますが、電卓や4色ボールペンは私にとって必需品。モバイルバッテリーも保険のために持ち歩いてますよ〜。

本日の駄文

今朝は結構冷えましたが、日中はわりと過ごしやすい雰囲気ですね。気がつけば本日で如月も終わり。春の足音が近づいてきているのでしょうか、花粉とともに。(今日はくしゃみが止まらない…泣)

私のカバンの中身

お題「私のカバンの中身」

今日はカバンの中身をご紹介したいと思います。とはいっても、他の人とかぶるどころか余分なものが多い私、あまり他の人が持ち歩かないけど、持って歩くと便利なものをいくつかセレクトしてご紹介。目新しさは無いけれど。

事務所の上にはペン立てがありフリクションが数色揃っています。が、出先での仕事する機会が増えた時に何色も持ち歩けない。というわけで、最近はカバンの中に4色ボールペンが入っています。他の人と異なる点としては、黒の代わりに紫のリフィルをいれていること。消えてしまう黒はやっぱり安心感がないので、ボールペンは別に持っていたりします。

同じように、出先で計算ができるように電卓も持ち歩いています。8桁ではなく12桁なのがこだわり。小さくてもきちんと計算ができるのはいいですよね。(当たり前…)スマホにも電卓が入っていますが、仕事で使う気にはなれないのです。きちんとした場所では、それに見合った道具が必要ではないか、と。

モバイルバッテリー。小さく軽く薄く、持ち運びにじゃまにならない気取らない存在。昔はこだわって2A充電可能な製品を持っていましたが、スマホの電池持ちが良くなってきた頃から考え方を改め、緊急避難用に持つ保険と考えるようになりました。(なのでこの子、実はそんなに登場機会は多くありません。でもそれくらいがいいんです、保険なんで)

以上、愛用品を紹介してみました。他にも、万年筆やノートなどありますが、それはそれでまたの機会に。こだわりのモノを持つと、愛着が湧いてちょっと得した気分になりますよー。