読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

ff(フォルテシモ)の限界

フォルテシモと譜面に書いてあっても、なにも考えずに音量を出すことだけは避けたいものです。バンド全体のフォルテシモの大きさも決まっています。きちんと自制心を持って合奏に臨みたいですね。

本日の駄文

この週末、GW明けの仕事のぐったり感を回復すべくほぼほぼ家で過ごす予定でした。が、楽器を弾きに行ってしまったおかげか週明けからなんとなくぐったり。まぁ精神的に充実しているので良しとしましょう。

ff(フォルテシモ)の限界

週末は合奏に参加してきました。このときの指揮者の先生は海外でも何度か振られたことのある方。アメリカやヨーロッパのバンドとの比較をしながら指導していただいたのでとても勉強になりました。

そんな中、印象に残った話がひとつ。吹奏楽の世界のff(フォルテシモ)って、どの程度の音量が心地よいか、という話になりました。その先生によると、元来オーケストラでのフォルテシモの最大音量は当然、オーケストラ編成。マーラーとか極端な大編成でなければ、弦楽器の奏者の数もだいたい決まっており、管楽器も1パート1名で事足ります。

この音量を基準に考えることが世界的には一般的らしく、アメリカの吹奏楽やイギリスの金管バンドもこの程度の音量をMAXにしてバンド全体の音量を作るんですって。大事なのは「吹奏楽の管楽器が集合したフォルテシモの音量ではうるさすぎる」ということ。さて、翻って日本の吹奏楽ではいかがでしょうか?

…フォルテシモの音量を考えずに「バカ吹き」するヒト、たまにいらっしゃいますねぇ。たまにホルンで「大きい音は、正義!」みたいに、鬼の首を取ったように発狂して吹いているヒト。その音量にあわせて音量を上げざるを得ないトランペット、トロンボーン以下金管楽器群。全体のバランスが崩壊するくらいの音量になって、音楽を作る以前に「大きい音出しましょう大会」になってしまっているバンド。こうなってしまうと指揮の先生も指導する気にならないんだそうです。。。そりゃそうだわな。。。

合奏体のなかでのPlayerは、他人の音を聞くのがまず第一。自分の音を確認するのも大事ですが、他人との音と自分の音を両方聞いて、いちばん自分がすんなり入る居場所を探すことが大事だと思います。「あたしの歌を聞けぇっ!」はソロの時だけで十分。フォルテシモでも音楽を奏でることができるようになりたいですね。

Anker PowerCore Fusion

スマホの電池切れに利用できる、モバイルバッテリー。直で充電できる製品がAnkerから発売されています。充電するための荷物が1つ減ると心理的負担も減るってもんです。

本日の駄文

やはり、長期連休明けの日常生活は辛いものがありますね。どうしてもだらーんと1週間過ごしてしまう疲れが溜まってしまうもので。外はいい天気なのがせめてもの救いでしょうか。ちょっぴり暑すぎますけどね。

Anker PowerCore Fusion

仕事仲間から相談をうけました。今回のGWで旅に出たものの、ケータイのカメラを使いすぎて途中で充電がなくなってしまったとのこと。念のためモバイルバッテリを用意したいのだそうです。そんな時決まって勧めるのはAnker製のモバイルバッテリ。常に持ち歩いている製品をオススメしておいたのですが、Amazonで改めてAnker製品を見てみると…とっても魅力的な製品がありました。その名は「Anker PowerCore Fusion」です。

このコンセプト、とっても秀逸です。モバイルバッテリを持っていても、結局コンセントに刺せずじまいで充電不可能だった経験が何度もあります。だったら、コンセントとモバイルバッテリーをニコイチにしてしまえばいいじゃない。そんな製品です。実は前々から目をつけていたんですがずっと欠品中だったらしく購入できておらず…ようやく先日試すことができました。

試した結果。やっぱり想像通り便利ではあります。モバイルバッテリ単体ではもう少し小さいサイズのものもありますが、荷物が1つ減る、いつでも充電できるという安心感は素晴らしい。ただ欠点も。コンセントの差込口はちょっと大きいので、狭いコンセントには挿しづらいかも。ただこれは利便性とのトレードオフだから仕方がないかもしれませんね。

最近ではスマホの電池容量も大きくなってきましたので、旅先で電池切れに悩む機会もだいぶ減ったかと思います。ただ、スマホがないとなにも活動ができなくなってしまう可能性も。備えあれば、憂いなし、です。旅のおともにぜひ。

ティンパニ、どう呼んでます?

ティンパニ。一番大きなティンパニ、なんと呼んでいますか?A?1?特大?少なくとも、32インチと呼んでいる団体は少数派な気がします。団体の個性がでますよね。

本日の駄文

雨が降ると憂鬱になるのは如何なものかと思いますが…とはいえ朝から雨だと気分が乗らないものです。仕事が乗らないときはやっぱりドーピング!と思っているのは私だけでしょうか…(私は150円の栄養ドリンクがお気に入りです)

ティンパニ、どう呼んでます?

ティンパニ。言わずと知れた大きなタイコです。だいたいは4台セットになっていて、小さな順に23インチ、26インチ、29インチ、32インチの4種類。音程が変えられることが一番の特徴で、ティンパニが印象的な曲はそれだけでかっこよく聞こえます。

さて。このティンパニ、吹奏楽の中でもよく出てきますので必ず吹奏楽部員は運ぶことになります。このティンパニ、4種類をどのように呼んでいましたでしょうか?たとえば、一番大きな32インチのティンパニを運んできて欲しい時になんと呼ぶか。

  • 32インチ持ってきて!
  • ティンパニA持ってきて!(一番大きいティンパニから順にA,B,C,Dと命名)
  • 1番ティンパニ持ってきて!(一番大きいティンパニから順に1,2,3,4と命名)
  • 特大ティンパニ持ってきて!(一番大きいティンパニから順に小、中、大、特大と命名)

「32インチ」と呼んでいる団体はレアで、だいたいが「一番でっかいの!それはすこし小さめだからもう一回り大きなやつ!」とか、適当。コンクールのお手伝いをしている学校を見ていると、「1番ティンパニ」と呼ぶ団体がおおいかな、という程度です。「小、中、大、特大」は秀逸なネーミングだと思いましたけど。こういったところにも演奏する団体の個性が出るなぁ、と思いました。

ティンパニが2セット(計8台)登場する曲はわくわくしますね。惑星の木星とか。2人で全く違うことをやっているとややこしくならないか見ていてハラハラします。演奏する方は大変、他の団体にティンパニ貸して♪と気軽に頼めるワケないですからね。ティンパニ2セット持っている団体はいったいどんだけ金持ちだ、っていう話です。。。