読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

イヤホン~⑦AKG 375~

関東では雹がふったりするのは異常気象の現れでしょうか。

いつのまにかワールドカップも日本代表が敗退し、マスコミもようやく落ち着いた感じなので、これからは世界の意地の張り合い、華麗なプレーを堪能したいですね。

今回は、そろそろ打ち止めのイヤホンレビューです。

 

AKG 375

【国内正規品】AKG カナル型イヤホン ブラック K375BLK

【国内正規品】AKG カナル型イヤホン ブラック K375BLK

 

先日お嫁に出したイヤホン屋さんを物色していたところ、なかなか安くなっていた(6200円)ので購入。オープンイヤータイプの時代からAKGの音は好きでしたので、今回も期待をしています。

ちなみに、同タイプでiPodリモコン付属しないタイプ「374」も販売されており、これなら安価(4200円程度)で購入できます。

  • ハウジングは若干小さめ。それほど耳から飛び出る形にならない控えめの形が個人的にGood.
  • イヤーピースは大きめ。標準でついている形ではちょっと耳が痛くなりそうです。
  • 音域は若干低音強め。嫌味ではありません。中音域、高音域はさほど出てこないところを見ると、低音ズンズンタイプといえるかもしれません。エージングで高音域は出てくるかもしれないですね。
  • 圧縮音源での試聴/ハイレゾの試聴はそこまで差はなし。
  • タッチノイズはあまりのりません。ケーブル形状普通
  • 遮音性はそれなり。強いわけではありませんが、弱くもないです。
  • 音量はわりと取りやすいタイプです。
  • 音場は普通~若干広め。
  • 精細感もそれなり。
  • リモコンはあまり効きが悪いかも?音量+ーは聞くのですが、再生ボタンは効く時と効かないときがある印象です。ただこれは個体差かも。つよくボタンを押し込んで操作するタイプです。

実際、こいつは何回もお店で試聴したんですがいまいちだったんです。今回の購入もメーカー名で惹かれて購入したレベルのものでした。が、聞いてみるとなかなかどうして。さすがドイツメーカー、楽しい音を聞かせてくれます。この価格でこの音であればずいぶんお買い得ではないでしょうか?

そういった意味では、前回紹介のPhilipsとは対局にある感じですよね。あちらは聞き流し、こちらは積極的に聞く。いずれも限られた予算の中で、方向性の違いでここまで化けるとなかなかどうして。やめられませんね。

だから浪費がいつまでたっても抜け出しきれない、ということかもしれません。。。