読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

海外通販(Amazon)Tips

つれづれ ファッション つれづれ-節約おトク ファッション-時計

朝晩が寒くなってきた昨今、もう気がつけば10月ですからあたりまえなんですけど、秋を感じる日々ですねぇ。今日はなんとなくこんなエントリ。

 

Amazon海外利用のすゝめ

みんな大好き(ですよね?)Amazon先生ですが、日本国内だけではなく世界でAmazonがあったりします。日本国内だからAmazonも日本でしか買えない…、もしくは海外からの輸入なので障壁が高い…と思っているあなた、実はそんなことないんです。意外と安く手に入るものもあったりします。

私は、腕時計をアメリカとドイツから購入した経験を元に、簡潔に注意点を記載したいと思います。(この手の解説サイトはいろいろありますから、そちらにお譲りすることにします。)

たとえば、日本だとこちら。今日現在の購入金額は17,280円です。

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK 233XLTTN メンズ 【正規輸入品】

[スカーゲン]SKAGEN 腕時計 KLASSIK 233XLTTN メンズ 【正規輸入品】

 

アメリカだとこちら。$120でしたので、円換算と輸送費を含めると15,000円くらいでしょうか? 


Amazon.comでは、Skagenという腕時計は時々安売りすることがあります。この時計はたまたま120ドルもしましたが、在庫処分やセールなどでは60ドルくらいで購入できることもあります。日本国内では概ね15000円はしますから、これは安い!

では、私が購入時にすごいドキドキしたポイントをいくつか。

  • 海外のAmazonAccountを入手する必要があります。これは簡単。ただ、決済に利用できるカードがVISA、Master、Amexだけだった気がします。JCBは使えないようで…残念。
  • 解説サイトにしたがって、住所を英語で入れる必要があります。たとえば、「東京都中央区銀座1-1-1」だとすれば「1-1-1 Ginza Chuou-ku Tokyo-to」ですね。「Yokohama-city」なのか「Yokohama-shi」なのかで迷いましたが、どっちでも大丈夫です。届けてくれるのは日本国内の会社なので、日本語でわかればOK。
  • 電話番号は「81」から始まる電話番号です。海外に通話するのと一緒の番号で。たとえば、「03-1234-5678」だったら「813-1234-5678」です。0を省いて、代わりに81をくっつけます。
  • 海外から輸入する際に気をつけたほうがいいのは、信頼できる販売元であること、それと海外まで輸送してくれる販売元であることです。初心者がAmazonで購入する場合は、Amazonが販売主であればほぼ間違いないでしょう。英語がわかればマーケットプレイスでの販売者を利用してもいいかと思いますが、残念ながらそこまでの度胸と英語力がない私は無理でした…
  • 輸入する際に避けては通れない点は、関税があります。輸入する際に税金がかかるのですが、Amazonは自動計算した上でクレジットカードから決済してくれます。購入前の確認画面で「TAX」表記で、定価の10%前後がかかってきますのでよく確認しましょう。これは簡易的に計算されているので、場合によっては追加関税がかかったり税金が戻ってくることもあります。追加関税となった場合は、払込はコンビニでOK。難しくはないですが、ちょっとドキドキするところです。
  • 船便or航空便での到着となりますので、もちろん時間がかかります。アメリカ、ヨーロッパどちらも空路を4~5回乗り継いで成田に到着、その後商品が届くので、だいたい2週間くらいかかりますかねー。まぁ気長に待ちましょう。待てなかったら国内のAmazonを利用しましょう。
  • 請求は$建てor€建てとなります。決済時のクレジットカード会社の摘要レートが自動的に計算されて請求されます。当然ながらニュースで出てくる円ドルレートよりは悪いですが、そこまで法外なレートでの請求となったことはありませんのでご安心を。
  • 忘れちゃいけない保証問題。もし海外から購入した製品が故障していたり不具合があったりした場合は、当然向こう側に送付したりすることが必要です。正直、私はこの手続となった場合のめんどくささを知りませんし、多分できません。ドイツから取り寄せた腕時計は少々不良品だったのですが、そんなリスクもあってしかたなく利用しています。ここはOwn your Risk(自己責任)です。ドイツ語で会話するなんて絶対無理…

アメリカのAmazonBasicですと製品カテゴリも種類があったりして見ていて楽しいです。もちろん、日本国内より安い製品もあります。逆に高い製品もあったりするのでその点は注意しましょう。一度やってみると意外と簡単に感じることもある海外通販。海外旅行に行ったつもりで一度トライしてみてはいかがでしょうか?