読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

そうだ、携帯代金見直そう(2)mvnoの問題点洗い出し

ケータイ ケータイ-mvno

docomo契約を辞めてmvnoに変更することにしたわたくし。mvnoベンダはすんなり決まりましたが、すんなり変更するといろいろな問題があることが分かりました。

本日の駄文

なんだか外は強い雨が降っていますね。本当におっくうになりますよね。私は本日は引きこもり生活しています。頭がスポンジになりそうな感じです。理由はいつかネタとして書きたいなぁ、。つーか書けるかなぁ。。。うーん。。。 

そうだ、携帯代金見直そう(2)

前回は、携帯代金の見直しするきっかけでしたが、今回は具体的な検討に入ります。世の中には格安SIM「mvno」という言葉が氾濫していますが、ざっくり言うと「docomo/au回線の再販」という感じです。docomoも自分の設備を外販することで、収入を増やそうという感じなのでしょうか?一般的なメリット/デメリットを整理してみましょう。

  • 毎月の利用料は安い。
  • docomoのサポートは受けられない。(mvno業者のサポートになる)
  • 携帯端末は自分で用意する必要がある(simフリー機 or docomoの白ロム端末)
  • メールアドレスも自分で用意する必要がある(gmail等のフリーアドレスで可)
  • docomoよりも通信品質は下がる。(と言われています。が、私は不自由なく使えていました)
  • テザリングが使えない

といったところでしょうか。毎月の固定費用を削減するという意味では、私のように待ち受け主体/メール主体の場合は 確実に安くなるケースが多いです。反対に、不特定多数の方向けによく電話をする場合はdocomo純正の方が安いです。docomoでスマホを契約するとカケホーダイが含まれたプランしかないですからねぇ。。。

そうなると、(全く電話しない場合)月額料金は

  • 月々 1,600円/月(2GB/月) → 1年縛りですが、2年だと38,400円!

というびっくりの金額となります。たとえiphone6の64GB SIMフリー機を10万円で購入しても2年でペイできる素敵な計算。私のようなライトユーザーにはピッタリ!ということですね。

で。mvnoベンダは前回もちらっと触れましたが、こちらを選びました。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043

 

業界ではかなり有名ですが、docomo系の回線を利用している中で一番信頼性が高いのがiijmioなんです。私もこの回線は半年使っていましたが、いままで不満を感じたことは一回もありませんでした。ここまではすんなり決まりました。

しかし。気がかりの点は2つ。

  • 既存のdocomo端末ではテザリングが出来ないこと。
  • docomoアドレスが消えてしまうこと。

なんかなぁ、docomoのなんか姑息さというか囲い込み戦略を感じます。普通にsim入れ替えるのは確実だけど、それではつまらないし、それこそdocomoの引き留め戦略にはまってそう。それはイヤ。そこでいろいろ探しました。(次回に続きます、がとても万人にお勧め出来ない…)