読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

そうだ、携帯代金見直そう(1)mvnoのきっかけ、それは月額費用。

私の携帯はDocomo。死ぬまでDocomoと心中しようと考えていたのですが、月々の支払金額を見たところびっくり仰天。そんなに毎月払えるか!という理由をつらつらと。

本日の駄文

首都圏は本当に温かい日が続いていますね。おかげさまで花粉も飛び始め、ぎっくり腰を患っている私としてはくしゃみは致命傷になりかねません。ほんとうに勘弁してほしいものです。花粉症。つーかぎっくり腰にならなければすべて解決していたともいいますが…

そうだ、携帯代金見直そう(1)

私は、携帯電話を使い始めてからDocomoユーザーです。理由としては友人がみんなDocomoユーザーだったため。同じキャリアのほうが料金安かったりしたんですよね。Docomoは一番高かったけど、やっぱり一番つながるケータイでした。ポケベル世代からPHS世代を経て、ずっとずぅ~っとDocomoでした。

 

あれから40年10年以上の月日が流れ…

 

いまDocomoは、単純計算すると

  • Androidのケータイの場合:8,000円/月(月々5GBまで) = 2年契約、総支払額192,000円!
  • iPhoneの場合:8,000円/月(月々6GBまで) = 2年契約、総支払額192,000円!

月額費用がかかります。端末の初期費用がかかるのはある程度しょうがないと思いますが、以前movaで契約していた時と比較するとこんなに月々払えるか!?という思いがふつふつと込み上がってきました。ぎっくり腰している布団の中で。えぇいぃぃ、もう決別してしまえ、Docomoと!そう決意するまでに時間はかかりませんでした。

ただ、惜しい点が1点だけありました。それはDocomoのアドレス。いまはMVNOでもMNP(モバイルナンバーポータビリティ=番号は変わらずにキャリア変更できる)ということですが、私が電話するのは月数百円程度、もっぱらメールが多いです。i-mode時代から馴染んできた自分のアドレスだけを手放すのは本当に惜しい。

というわけで、世の中を探していたところ、ありました、やっている方。具体的な手順としては下記ブログを参照頂着たいと思いますが…そもそもこの方式をやろうとすると、ハテナがたくさんアリすぎる!(私は解読するのにまるまる一週間くらいかかりました。私もその筋に一枚噛んでいる人間ではありますが、それにしても難しすぎる…)というわけで、これから何回かにわたって私のキャリア変更記を連載しようと思います。

ご参考させていただいたブログです。本当に有難うございますm(__)m