読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

泥のように、眠りたい(ベッド3)マットレス:中級編の選択肢

週末に、主だったベッドをゴローンとしてみました。やはり、マットレスは値段が高くなるに連れてモノが良くなることは明白だということに気が付きました。このなかからいかに自分好みの選択をするか?また悩ましい日々が続きそうです。

本日の駄文

「モーニングアタック」ご存知でしょうか?決して朝駆けすることではなく、花粉症の症状が起きがけに一番辛いことをいうそうです。一説には、夜布団の上に溜まった塵や埃、そして花粉が、寝起き時に吸い込まれてゲフンゲフンというのが原因のようです。このせいか、私の朝早くの目と鼻は非常に悲惨な状態です。児玉清さんのアタック~チャンスっ!はいいですが、こちらはちょっとご遠慮いただきたいですね。

泥のように、眠りたい(ベッド3)マットレス:中級編の選択肢

前回、いろいろな「お買い得」ベッドをご紹介してみましたが、この週末に家具屋さんを訪問し実際にゴローンしてきました。そこでわかったこと、および候補となったマットレスについてです。

  • 当然ですが、あまり安物のマットレスはそもそも設置していない場合が多い。小規模~中規模店を回ったことが原因かもしれませんが、ベッドは設置スペースの制約があるせいか非常に展示されている数が少ないことが多いです。眠りの好みもそうですが、価格に関しても選択肢が少ないのかもしれません。それこそ、都内で回るとすると「家具の催事」「メーカーショールーム」あたりしか選択肢がないかも。少し郊外まで行くと広大な売り場があったりしますし、お家騒動で有名になった某家具店なんかも、比較という点では良いかも。都心の有名ドコロでは「多慶屋」(御徒町)や「グースカ」(池袋)あたりがいいかもです。
  • ベッドは基本対面販売。感性に訴えるものということだからか、あまりInternetとの親和性が少ないように思います。なんといってもかさばるから運送費用や業者も制約があるのがネックなのかもしれませんね。
  • ネット上だけでは価格提示されていることが極端に少ないです。メーカーからの統制がされているという説が多いですが、それだけ旧来から連綿と受け継がれている業界ということなんでしょうか。。。
  • セット販売が多い。マットレス単品の販売もしてくれるのですが、フレームとセットで販売をやたらと薦めてくるお店が非常に多いですし、マットレス単品の価格もフレームセットの価格とあまり変わらないことが多いです。もう少し柔軟になってもいいのにね。
  • 家具屋さんの「オリジナル」製品が多い。お手頃な価格帯の商品に多いのですが、家具屋さんがメーカーと提携して自分の店だけの製品(いわゆるOEMですね)を作っていることが多いようです。実際はメーカー品とあまり変わらないようですので、気に入ればお買い得。逆の言い方をすれば、そうやって利益確保しているのかなぁという穿った見方。さらにさらに、「カタログ外」と呼ばれる製品の多いことと行ったら!(廉価版の製品はカタログに載せない=事前研究ができない)これも辛い。
  • 私が訪問した家具店では、3S(サータ、シーリー、シモンズ)+ドリームベッドは展示してあることが多かったです。これに東京ベッドが加わった5つを寝比べてみました。東日本では、残念ながらアンネルベッドは展示が少ないみたい。東京スプリング製のベッドはなかなか表に出てこないので探すのに苦労しそう。

では、ゴローンした感覚の比較をいくつか。Amazon先生ではなかなかマットレスの取り扱いがない(ある意味あたりまえですね)ですので、楽天先生やyahoo先生にご登場いただいたりしています。

国産ドリームベッドの、所謂フツーのベッド。寝心地は普通で違和感がありません。ただ、普通すぎて少しインパクトに欠ける印象も。値段もまずまずで大体5~6万といったところでしたでしょうか。

東京ベッドのRev7。ブルーラベルとシルバーラベルを両方ともゴローンとしてみましたが、さすがに7インチのスプリングは贅沢な感じがしました。反面、少しやわらかいかなぁという印象もありましたが。シルバーラベルの方が背中の感触が良かったのですが、ブルーだと5.5万、シルバーだと7.5万程度になるので、この価格差は、ちょっと考えてしまうところです。。。

サータ。所謂「ノーマル」タイプですが、こちらは格が1~2段階上になります。H型にスプリングが補強されて入っていますのでしっかりとした寝心地。でも大分しっかりとしたお値段。実売は10万円弱がいいところでしょうか。

東京スプリングの自信作、アワーグラス。アワーグラスとして販売しているものは村内家具(八王子)に展示があるそうですが、KEYUCAというインテリアショップの「ロンノ・ロイヤル」がアワーグラスだそうです。こちらを試したのですが、まぁ、柔らかい。ふんわりとした感触はお値段以上であることは間違いないのですが、絶対額はお高くなりますし、第一腰を痛めている私としてはちょっと…。

駆け足で振り返りましたが、正直もはやよく分かりません(苦笑)硬いか柔らかいかは当然わかりますが、(ソファーの時もそうでしたが)感性に訴えるものはスペックをどうのこうの言ったとしても始まりません。通販で購入するも良いかも知れませんが、やはりこれは実地に足を運んで選ぶべきかなぁと感じました。私のベッド選びはもう少し続くような気がします。

 (そして結局ベッド買いました!くわしくはこちら。)