読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

イヤホン~㉔上海問屋 DN-80499/DN-80500~

イヤホン イヤホン-ダイナミック型

巷で話題の上海問屋デュアルダイナミックイヤホン、DN-80499/DN-80500。1,000円という値段を考えれば想像以上の楽しさを提供していただけますが、流石の中華クオリティ、メインとして使うには少々厳しいかもしれませんね…。

本日の駄文

イヤホンをとにかくご紹介する機会が多い当ブログ、とりあえずなにはなくともこの記事でしょう。

明日からUltimate Ears製品が値上げのようです。当サイトでもUE900は()2回にわたってレビューさせて頂いておりますが、新価格は46,850円…。UEは特売の機会が多いメーカーですが、今後たとえ特売されていたとしても今までのような値段(週末はeイヤホンで3.5万切っていたようです)では購入できなくなるでしょう。ますますUE900は売れなくなるんでしょうか、ねぇ…。

イヤホン~㉔上海問屋 DN-80499/DN-80500~

今回、発作的に購入してしまったのは上海問屋(PC販売店「ドスパラ」のプライベートブランドで、色々なイロモノ製品をたくさん揃えており、私もいつもお世話になっております)の「DN-80499」です。この製品は価格(1,000円!)の割になんとデュアルダイナミックというとんでもない機構を持っており、世の中的にはとても評判の良い機種となっています。

では、恒例のレビュー。

  • ハウジングは、デュアルダイナミック型ということで少し不格好です。そのビジュアルとコードの安っぽさが秀逸な中華クオリティーのニオイをプンプン出しています。
  • とりあえずポッと聞いてみると、見事に高音域/低音域の音像が分かれて聞こえます。が、20時間位エージングを重ねることでなんとなく馴染んできて良いバランスになります。低音が少し強め、中高音はすこし抑えめといった感じでしょうか。
  • タッチノイズはそれほど気になりません。ケーブルの撚り線は手作業なんでしょうか、正直安っぽく常に断線の危険が伴うような弱々しいものです。耳元はshure掛けできるように針金で補強されていますが、無理してshure掛けしないほうが運用は楽です。
  • 音量は取りづらいほうです。
  • 音場は個性的。耳の後ろにハウジングが持ってきてあるからかもしれませんが、横に広いです。ちょっと不自然に感じてしまう方もいらっしゃるのではないかという危惧はありますが、それでもこの広さはなかなか既存製品では無いかもしれません。
  • 音の精細感は…残念。前回取り上げたAmazonベーシックのイヤホンよりも落ちます。ここは1,000円イヤホンとしてのレベルです。

というわけでひと通り聴いてみましたが、最初は「なんじゃこりゃ?」だった本品、エージングによってかなり「聞ける」イヤホンへと変貌を遂げました。独特なのは音場で、この雰囲気が気に入ったのであれば他にはない個性を発揮して素晴らしいものです。が、解像度は1,000円イヤホンのそれと大差なく…ハイレゾの「ハ」の字にも及びません。これは残念ポイント。もう少しいい素材をつかえばかなり化けるイヤホンとなる可能性があるかと思いますが…そのあたりは流石の中華クオリティ、ということでしょうか。

1,000円という予算を先に考えれば十分元がとれるイヤホン、でもこの価格帯はもう少し予算を出して5,000円前後まで投資すればもっと素晴らしいイヤホンがたくさん選べることから、これはそういった「割り切り」を考えられる方向けなのかも知れませんね。(私のような…)ということを考慮できれば、十分に遊べるイヤホンかもしれません。個人的には、3,000円くらいでリケーブルできる1ランク上のイヤホン販売しないかしら、と思います。そしたら大幅に化ける、とても素敵なヒットとなりそうな予感がするのですが…。