読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

2台めのsimフリースマホ、検討(前編)

2台めのsimフリースマホ、検討中(2015/9:前編)

ただいま、2台目のスマホについて検討しております。自分が使うスマホとしてはXperia Z3 Compact 1台で十分すぎるのですが、2台目として検討しているのは、ナイスなシニア世代向けのスマホ。動画も見なけりゃInternetだって最低限。でも屋外でちょっとした時にカンタンなゲームや調べ物ができたらいいじゃない。そんな方向けのスマホをなんとなく検討中。でも結果堂々巡りになってしまって決め手に欠けるのです。というわけで、要件を調べていつものように比較してみようというのが今回のトピックスです。

期待すること(条件)
  • 格安simで利用可能であること。(simフリー機であること。)
  • 最低限のスペックを搭載していること。(メモリ 1GB/ROM 8GBが最低条件)
  • LTE対応であること。
  • それなりに安価であること。
候補

ZenFone 2 Laser(発売:2015/8)

  • CPU:1.2GHz(Snapdragon410):平均的。
  • メモリ2GB:十分。
  • ROM16GB:平均的。
  • 画面サイズ:5inch(1280*720):少々大きめ。
  • 値段:29,800円:ちょっと高い。
  • 特徴:優等生。あまりデメリットなし。

なににつけてもまずはzenfone、その中でも、最新機種で安価な「ZenFone 2Laser」。これがベンチマークとなっていますよね。家電量販店でも一番の売れ筋だし、デザインだって結構イイ線いっています。これを基準にいろいろと見て行きたいと思います。

Huawei G620S(発売:2014/12)

  • CPU:1.2GHz(Snapdragon410):平均的。
  • メモリ1GB:最低限。
  • ROM8GB:最低限。
  • 画面サイズ:5inch(1280*720):大きいけど、写りはあまり良くないみたい。
  • 値段:16,500円:かなり安くなっています。
  • 特徴:いま購入ならかなりオトクな価格。

いま購入するなら一番美味しいのではないかと思われるG620S。CPUは普通ですがメモリもROMも最低限。とはいえそれなりにさくさく動くらしく、販売からしばらく経っているためにかなり値下がりしているのがポイント。

Covia FLEAZ POP CP-L42A(発売:2015/9)

  • CPU:1.2GHz(Snapdragon410):平均的。
  • メモリ1GB:最低限。
  • ROM8GB:最低限。
  • 画面サイズ:4inch(800*480):小さめ。
  • 値段:15,000円:発売当初からこの値段は素晴らしい。
  • 特徴:最新機種、Androidも5.1。小さめ画面がよければ。

来週(2015/9/10)発売予定のピカピカの最新機種。画面が小さいのが特徴のcoviaのlte対応。かなり安さが特徴であり、これが手のひらにしっくりくるサイズであれば間違いなく買い。逆に、シニア世代の老眼ではすこし厳しいのではないかという不安がなんとなくあります。(実機見ていないのでなんとも言えませんが…)

Blade vec 4G(販売:2014/8)

  • CPU:1.2GHz(Snapdragon400):平均的(だけどひと世代前)
  • メモリ1GB:最低限。
  • ROM16GB:平均的。
  • 画面サイズ:5inch(1280*720):大きめ。
  • 値段:20,000円:まずまずの安さ。
  • 特徴:5inchの機種の中では安い。

こちらはROMを16GB搭載しているので、アプリを多少入れることができそう。画面サイズも大きめなのが嬉しいですね。値段は2万円、結構安い。

-------------

いま目をつけているのはこんなところでしょうか。海外(香港の某有名サイト)を見ればもう少し安価なXperia D2403 M2 Aquaとかもありますが、残念ながら3万円over。XPERIA M2 D2303 LTEであれば25,000円といったところですから、こちらでも最早いいのでは、と考えつつ堂々巡りは続きます。(そして次回へ続きます)