読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

2台めのsimフリースマホ、検討中(2015/9:後編)

ケータイ ケータイ-mvno ケータイ-その他

格安simフリースマホとして検討していた私。ほぼhuawei機で固まっていたのですが、購入したのは廉価版。やっぱり世の中価格には勝てません。でもこの機種だってまったく普通に使えます。びっくりするくらい普通。価格破壊もここまで来たか、とびっくりしてしまいます。

本日の駄文

台風、なんだか2個発生していたみたいです。台風17号と18号。まるでドラゴンボールの人造人間みたいな。悟空、おらにチカラを分けてくれ!的な。(台風の被害が最小限に済むことを祈念しております、ついでに雨もそんなに降らないであっというまに過ぎ去って欲しいですよね)

2台めのsimフリースマホ、検討中(2015/9:後編)

mineoの契約に始まり、2台めの格安simフリー携帯検討を始め、家電量販店視察を経てから改めて家に戻ってきた私。とりあえずこの時点ではHuaweiのP7に心が惹かれていたのでした。やはりそのスタイルはかっこよく、iphoneを持っていない私としては気になる存在でした。でも、価格が3万円するのがやはり大きなネック。価格が半分くらいになってくれればすぐに購入するのに…と思っていた週末、amazon先生でこちらの製品が安価になっているのを発見しました。

主にsimとセット販売する目的で売られているエントリークラスのsimフリースマホ、Huaweiのg620s。メモリも1gbだし、容量だって8gbだけれど、ナイスなシニア世代の老眼にはかなり優しい大きさ、5インチ。裏面の質感は結構プラスチッキーだけど画面もキレイだし、その安さが魅力の機体です。

どうやら、この機体が週末に「特価販売」されて販売されているという情報をキャッチ、実際に見てみると…なんとビックカメラ(amazon店)が13,824円(税抜で12,800円!)で販売されていたのでした。なんということでしょう。半額以下となったら購入しない手はありません。lte対応だし、結構ヌルヌル動いてくれるし、簡単メニュー(らくらくホンてきなメニュー)まで付いている。

 あ、そーれ、ぽちっとな。

というわけで、昨日mineoからのdocomosim(ゆうぱっくで届きました)と同じタイミングで、huaweiのg620s(ホワイト)が私の手元に届きました。一目見た感想としては、まったくもって必要十分。極めてフツーの電話として使えそうな予感です。発色も鮮やかですし、メモリ不足もストレスを感じさせません。これからこの玩具(mineoとg620s)をしばらく使ってみようかと思いまーす。