読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

自分を認めること

心の病に陥ってしまうこと。それは不幸かもしれませんし、自分が許せなくなることも多くあるかもしれません。でもなってしまったら仕方がない。受け入れて、行動できるようになれば、以前よりもきっと強くなれます。すごく難しいことですが、少しずつ慣れていけばきっと大丈夫。。

本日の駄文

大変に今日は鉄道ダイヤが乱れた朝になりました。さすがにGW明け、仕事イヤイヤ病が発症している人の多いのかと思ったら、今日は川崎の発電所が仕事イヤイヤ病だったようで。機械も人間の心の動きを察知しちゃうんでしょうか。こういうオカルト話よくありますが、私実は結構信用しちゃうクチです。

自分を認めること

数日、ブログの更新が遅れてしまいましたが、私がブログを更新出来ていない時は、倒れている時。もしくは、本業が忙しくて手がつけられないとき。一昨日から昨日にかけて、案の定私はぶっ倒れておりました。原因不明の熱。立ちくらみが激しくまっすぐ歩くことが出来ず、椅子に座るのも辛い状態が続いたためずーっと惰眠をむさぼっておりました。熱は幸い2日で落ち着いた為、その遅れを取り戻そうと現在挽回中です。この不調、おそらくは私が患っている心の病が原因なのではないか?と思います。頓服で頂いているおくすり(私の場合はソラナックス)が効いたおかげで電車に乗れる状態まで回復し、無事家のベッドで寝ることが出来ましたから。原因不明の熱は本当に怖いですねぇ…。

心の病とのつきあい方をする生活を続ける中で、自分の考え方が変わったことがあります。以前も書いたかもしれませんが、若かった頃の私は「とにかく治そう、一刻も早く寛解して出世レースに舞い戻り、私の人生をやり直そう!」と躍起になっていた時期がありました。減薬を積極的に(自主的に)行い、気合でなんとでもなると思っていた頃。でもそんなに甘い病気ではありませんでした。ムリに減薬すればやっぱり調子は悪くなり、気合がどれだけ合ったとしても立ち上がることができない時だって有ります。通常の内科/外科でも診ていただきましたが、殆どのケースが原因不明。心の病は奥が深いんだなぁ、と感じました。

そこから、発想を転換することにしました。自分の置かれている状況は劇的に変わることがないのだから、いまの自分を受け入れよう。体調が悪くなってしまうことがあるのはしかたがないのだから、せめて周りに迷惑がかからないように下準備はしておこう。薬は一生付き合うものと考えて、病気とはうまく付き合っていこう。こう考え、今の自分があります。自分が立場が弱くなったことで、見識がすこし広がったような気がします。おかげで、見えなかったものが見えるようになり、人生がより豊かになった(気がする)と感じることが出来ました。

精神論ではありませんが、少し考え方を変えれば楽になることもある。そんなことを考えたショート・ショートでした。明日はきちんと更新しよう。