読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

ケータイと私。

久しぶりに駄文。ケータイ電話とのおつきあい、いまでは私の暇つぶしの道具としてなくてはならないものになっています。

本日の駄文

最近の台風の発生具合はなんだかおかしいですよね。沖縄で発生した台風も、あっという間に日本列島直撃コース。おかげさまで明日の出勤も危ぶまれるなんていう。。。海水温が高いことが台風発生に影響しているのかしらねぇ。

ケータイと私。

お題「ケータイと私」

今日は久しぶりにお題でも書いてみようかと思いまして。お題スロットで出てきた一番最初のお題が「ケータイと私」何だろうと思いつれづれ書いてみようかと思います。

世の中的にはポケベルから始まるのですが、私は幸運にもポケベルは持っていませんでした。よって、一番最初に持ったのはPHSとなります。今はなきNTTパーソナル製のPHS。ケータイ電話だと毎月の維持費がとんでもなく高価だったため、PHS。でも今考えればこの時代からPHSで十分な機能が多いですよね。通話、メールだったらこれで十分。

その後、ケータイ復旧に伴いdocomoとNのパカパカケータイがを愛用するようになりました。iモードが出てきたときはまさに衝撃。パケ死するようになったのも今と変わりません。そしてスマホ。最初のスマホは全く使えないN製でしたが、今ではGoogle先生純正のNEXUSに至り、MVNOを利用して快適に使うようになっています。

究極の暇つぶし端末として、私もケータイがなくてはならないものとなっています。しかしながら、本当にケータイとして使っているのは月に何回か。通話もメールもオマケみたいなもので。そう考えると、昨日発表になったLINEモバイルなんかはまったく興味がないわけで。iijmioのsim3枚プランが私は全く性に合っていると考えています。毎月10GB捨てる生活ですが、データ量の縛りから解放されるスマホ生活、本当に贅沢だなぁと感じていますよ。

あぁ、着地点がどこかに行ってしまった。いままでも、これからもお世話になるであろうケータイ電話。願わくは、昔のNケータイのような、薄くて軽いパカパカケータイ、出ないかなぁと思うのは私がおじさんだからかもしれませんね。

zenfoneも3になりました。ASUSもこの分野では立派に市場を確保できていますね。うれしいと思う反面、もう少し品質も上げてくれてもいいかも…とも思います。