読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

2016モデル、Fire HD 8

Amazon謹製のタブレット、Fire HD 8が発表になりました。驚きのバーゲンプライスですが、実用性を主に機能をそぎ落として値段を下げた部分もあるので注意が必要かも。同じ値段で、中華タブレット購入しちゃうという手も楽しいかもしれませんよ。自己責任ですが…

本日の駄文

週末、赤い彗星こと京急でリラックマ電車(貸し切り)が走ったそうですね。その様子がTwitterで上がっていましたが、行先表示器までリラックマになっていたり、運転席にもコラボぬいぐるみが置いてあったり、さすが京急徹底しているなぁと感じました。こういったオトナの全力さ、私大好きです。いいぞもっとやれ、的な(苦笑)

2016モデル、Fire HD 8

Amazon謹製のFireタブレット、今年の8型が予約を開始しましたね。もはや我が家のタブレットは飽和状態なのですが、新しもの好きの私としてもすぐポチットなすべきかどうか、ちょっと考えてみました。

  • 価格は文句なく安いですよね。8,980円で8型WXGAのタブレットが手に入るのは本当にお買い得だと思います。
  • 旧型よりも厚く、重くなりました。カメラの性能も落ちました。でもこれってあまり悲観する必要ないような気がします。simスロットがついていない時点で、主な活躍の場は家の中。まともに写真を撮る人もいないでしょうしね。
  • CPUが少し良くなったこと、メモリが1.5GBまで増えたことは好印象。ストレージの容量も倍増されたことはいい点ですが、、、もう少し欲張ってメモリ2GBまで増やしてくれれば、もっと売れたのではないかと勝手に心配したりして。
  • OSはAmazon謹製のFire OS。Androidを元にしたカスタムOSです。標準ではGoogle playを介したアプリインストールはできませんが…そのうちゴニョゴニョすればいろいろできるようになるでしょう。ここまでできる人が素のタブレットとして購入するのであれば文句なくお買い得かもです。

機械としての信頼性は、日本で購入できるものを(かつ、壊れたらすぐに対応してくれるAmazon先生クオリティを)使うのが良いかと思います。しかしながら、私のような好奇心旺盛な人は、中華タブレットにAmazonアプリインストールして使うっていう手もあるよ、ということもどこかに留めていただけると嬉しいです。1年位たって、中華クオリティらしく壊れた時に必要な機械であれば、もう一度いいやつ買えばいいじゃん、的なね。

私はそういえば行き場を失っていた変態タブレット、Cube iwork8がありますので、とりあえずそちらを活用する方針にしようかなぁ。ともあれ、タブレットの選択肢が増えることはいいこと。今回のFireタブレット、実機がストレスなく使えるようになっているよう、期待しましょう。

でもやっぱりAmazonの謹製タブレットを1枚位持っていてもいいんじゃないかと思うのです。思考がおかしくなっているのでしょうかね、わたし…。