読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

無いと不便、アルトベンリー。

アルトベンリー(一般名称:ペグワインダー)のご紹介です。弦の張替え作業時間が劇的に変わります。感動すら覚えます。絶対使ってください。(ていうか使ってない人の方が少数派だと思いますが…)年をとったオジサン的には電動の方が魅力的だったりします…

本日の駄文

昨日は夜まで楽器を触れた日だったのですが、反動で今日は眠いです。午前中の眠気がハンパない。仕事中にどうやって目を覚ますか人それぞれかと思いますが、意外とこういう時に5分とか寝てしまえば楽なんですよね。今日の午前中に会議が入っていなくてよかった…と切に感じているところです。

無いと不便、アルトベンリー。

楽器を触っていた理由としては、弦を張り替えたからなんです。コントラバスの弦の張替えは、楽器の大きさもあって結構な一仕事。終わる頃には汗をたくさんかきながら今回はスピロコアにしてみました。(張った感想は、もう少し楽器に馴染んできてからにしたいと思います、でも昨日の段階ではギラギラした音になりましたよ)

で。弦の張替えの度に役立っているのが「アルトベンリー」です。以前も一度ご紹介したのですが、またの名を「ペグワインダー」ともいいます。弦を巻くときに電動巻き機なんてものを使わずに人力でペグを巻いていくと、結構それだけで重労働です。コントラバスの場合は張力もあり、体勢も不自然になりますからなおのこと。見ての通りペグ回し機は、その労力を劇的に改善するためのスーパー道具です。

…たったこれだけのことをなぜもう一度取り上げるのか?それは、弦の張替えの労力と時間を劇的に短縮できるからにほかなりません。この道具を使わないとたぶん1時間作業なのが、慣れれば15分くらいで作業を終えることが出来ます。かつ、ペグの巻き過ぎで右手が変な筋肉痛にさいなまれることもありません。ほんと、便利ですから絶対買ってください。安いし。コントラバスの人も絶対持っておいてくださいよ!オジサンとの約束ですよ!

なんだかんだでこの形が一番持ちやすいし使いやすいと思います。ですからこれを文句なく勧めます。ギター用とベース用がありますが、当然ベース用を購入してくださいね。ペグの大きさが違いすぎて使えませんから。

と思っていたら、なんと電動ドリルと互換性のあるペグワインダーが出ているじゃないですか!これ多分使ったら感動モノに早いんだろうなぁ。初心者の方はひと巻き一巻き丹精を込めて巻いたほうが仕上がりもキレイですけど、楽したいズルなオトナは試してみたい、なぁ。。。