読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

卒業のタイミング

その人にあった「卒業」のタイミング。他人からみたら奇妙かもしれませんが、その人の納得感があるその時こそが、卒業(転機)なのかもしれませんねぇ。

本日の駄文

先週、名古屋にお邪魔していました。名古屋本当に久しぶりで、味噌煮込みとどて煮と手羽先にひたすら舌鼓をうちまくり。少々はしゃぎすぎたせいか、土日は自宅でぐったり。たまにはこんな生活もありです。

卒業のタイミング

今週のお題「卒業」

たまには、お題でも書いてみようと思いまいて。卒業について書いてみようかと思います。といっても、今回ご紹介するのはお世話になった方から聞いた話。先日名古屋でちょうどそんなハナシを聞きまして。

その方(いいオジサンです)、夜の女の子のお店に行くのがとても好きだったんだそうです。最初はまったく興味を示さなかった「キャバクラ」。女性とただ単にお酒を飲むだけで、大変な値段が請求されるなんてありえない。そんな彼が一度友人に連れられてキャバクラにドハマリしてしまったそうです。生活費を切り崩して女の子に貢ぐ日々。そんな彼をキャバクラから救ったのは、他でもないハマっていた女の子だったそうです。

いまのキャバクラ業界、いわゆるプロのキャバクラ勤めの女の子だけではなく、フツーの女の子がアルバイト感覚で働くことがあるんだそうです。いい性格で、どこか憎めない彼女のことが人間として好きになった彼は、つい夜のお店に通うようになり…。ただ、この女の子がお店を辞めることになった、(年上の彼と結婚することになった)ことを聞いた時、お店へ通う辞め時を悟ったそうで。あ、この女の子が幸せになってくれて良かった、俺の出番は終わったんだな、と。

そこまですっぱりと辞められる彼も大したもんだ(私なら少しはもとを取ろうかと…ゲフンゲフン)と思いますが、何事においても卒業のタイミングはあるのかもしれませんね。肉体的に辛い、精神的に辛い、金銭的に辛い。なにがきっかけになるかわかりませんが、その人に会った辞め時、上がり時が、一番いい「転機」なのかもしれませんね。

やっぱり、「卒業」といえば斉藤由貴でしょー!、と思った私。立派なオジサンだと思いますよ。えぇ、否定しません(苦笑)