ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

Xperia XA1 Plus (G3426)

今回購入した端末は、XA1 Plus。メモリも十分、画面も大きい、側面に指紋認証があってとても使いやすい。ただ、デカい重い厚い。ちょっと日本人が使うにはtoo muchな感じかもしれませんね…。

本日の駄文

今年の冬はとても寒いようです。ラニーニャ現象の影響が現れてきているのでしょうかね。家の中でぬくぬくと仕事をしたいと思いつつ…なかなかねぇ。世の中的には「在宅勤務」的な動きもあるようですが、やっぱりFace To Faceも大事かなと思うのですが。

Xperia XA1 Plus (G3426)

お金に余裕が出来た私。なにか楽しいことも少なかった最近、なんとか面白いことをしたい。そう考えた私は、いつもの海外通販サイト(Etoren)を覗いておりました。お目当ては、新しいスマホ。日本国内で販売されるキャリア製の高い端末には興味なく、国内で販売されているSIMフリー機もあまり眼中になく…きちんと利用できる海外製SIMフリー機を購入するのがココ数年のマイブーム。今回はなんとなく、xperiaにしようかと考えておりました。

xperiaといえば、いまでも十二分に戦える超コスパ端末、(SIMフリー) ソニー Sony Xperia X F5122 Dual Sim 4G/LTE 64GB ブラック [並行輸入品]がやはりイチオシです。が、同じ機種を保持してもなんの面白味もない。ただ、普通のxperiaはやっぱり値段も高い。というわけで、私が目をつけたのは最近販売開始された「Xperia XA1 Plus」です。この端末のスペックをざっと書き出してみると…

  • 5.5インチ液晶(1080x1920)
  • デュアルSIM
  • Android 7.0(Android 8.0へアップグレード予定)
  • Mediatek MT6757 Helio P20
  • 32GB、4G。
  • 側面に指紋認証あり。
  • 155mm x 75mm x 8.7mm
  • 189g

この端末は、sony製端末のなかではミドルレンジの機種になります。(日本国内ではハイエンド端末しか売り出すつもりのないsonyです(泣))この端末は側面に指紋認証を備え、メモリは4GB積んでいるのでそれなりにサクサク動きます。そして、将来的にAndroid8.0へのアップグレード予定もあるので数年は戦っていけるだけのスペックです。Etorenでは現在310ドル前後で販売されておりましたので、さっそくポチッとな。(日本のAmazonで購入すると47,000円程度しますねぇ…。)

で、届きました!早速使ってみました!さすがxperia、このしっくりくる使い心地はAndroid特有のものです。私としてはやっぱりiosよりもAndroidの方が好きみたいです。いろいろいじり倒してウキウキ気分でした。

…しばらくの間は。

しばらく使っているととても気になる点がでてきました。これ、とにかくデカイし重いんです。スペックを確認したときからなんとなく見て見ぬふりしていたのですが、指紋認証を側面に置いたお陰で分厚い端末になってしまい、電池を沢山積んだお陰で液晶の上下の部分が長く大きくなってしまい、片手で操作するにはかなり不自由。iphone 8 plusだってこんな感じかもしれません。けど、正直、ちょっと、使いづらい。日本国内で販売されているスリムなスマホと比較すると、独特なフォルムは受け入れられるかどうかかなり疑問。ちょっと考えてしまいました。

というわけで…私、この端末はさすがに使い切ることができないと悟り、あっという間に里子に出すことにしました。せっかく購入したのに、ほぼ一週間の命。そんなわけで、この写真に映っている端末を買い直したわけで…Xperia XZs(G8232)レビュー、次回へと続きます(爆)