ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

WUGちゃんに出会って3ヶ月。

なんだか似たような記事ばっかり書いているんですが…でもハマってしまって、推したくって、しかたがないんですもん。やっぱりWUGは最高だぜ。

本日の駄文

Android(OnePlus7t)からiphone(iPhone12Pro)に機種変してからそろそろ1週間です。iOSの扱い方にもだんだん慣れてきました。最初は不安でしかなかったホームボタン無しの機種ですが、スワイプで代替できるので意外と不便を感じていません。ただ、指紋認証ナシなのはやっぱり不便。マスクしてるとどうしても…ねぇ。

WUGちゃんに出会って3ヶ月。

なんだかとってもデジャブ感のある記事です。でも、やっぱり書きたいWUGちゃん記事。いいかげん説明不要かと思いますが、WUGちゃんとはWake Up Girls!という声優さん7人のグループ。すでに昨年活動は終了していますが、そんなグループを今年8月から推し始め、こじらせたオジサンがこの記事の執筆者です。

↓ハマり始めたときのワタシ

hamabasso.hateblo.jp↓ハマり始めて1ヶ月目のワタシ

hamabasso.hateblo.jp

とりあえず、購入したものたち。
Wake Up, Girls! LIVE Blu-ray BOX

Wake Up, Girls! LIVE Blu-ray BOX

  • アーティスト:Wake Up,Girls!
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: Blu-ray
 

1stから4thまでのLIVEが全て入っている太っ腹版。

Wake Up, Girls! FINAL TOUR - HOME - ~ PART Ⅰ Start It Up, ~ [Blu-ray]

Wake Up, Girls! FINAL TOUR - HOME - ~ PART Ⅰ Start It Up, ~ [Blu-ray]

  • アーティスト:Wake Up,Girls!
  • 発売日: 2019/03/29
  • メディア: Blu-ray
 
Wake Up, Girls!  FINAL TOUR - HOME -~ PART II FANTASIA ~ [Blu-ray]

Wake Up, Girls! FINAL TOUR - HOME -~ PART II FANTASIA ~ [Blu-ray]

  • アーティスト:Wake Up,Girls!
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: Blu-ray
 
Wake Up, Girls!  FINAL TOUR - HOME -~ PART III KADODE~ [Blu-ray]

Wake Up, Girls! FINAL TOUR - HOME -~ PART III KADODE~ [Blu-ray]

  • アーティスト:Wake Up,Girls!
  • 発売日: 2019/05/31
  • メディア: Blu-ray
 

FINALツアー三部作。

Wake Up, Girls!  FINAL LIVE 想い出のパレード  [Blu-ray]

Wake Up, Girls!  FINAL LIVE 想い出のパレード  [Blu-ray]

  • アーティスト:Wake Up,Girls!
  • 発売日: 2019/06/28
  • メディア: Blu-ray
 

そして彼女たちの解散LIVE。

Wake Up, Best! MEMORIAL

Wake Up, Best! MEMORIAL

  • アーティスト:Wake Up, Girls!
  • 発売日: 2019/01/23
  • メディア: CD
 

主要曲はほとんど網羅(?)されているCD。車の運転のお供に。LIVEでの7人の成長ぶりがはっきりわかるくらい歌が劇的にうまくなっています。

Wake Up, Girls! LIVE ALBUM ~想い出のパレード~

Wake Up, Girls! LIVE ALBUM ~想い出のパレード~

 

解散LIVEのLIVE Album。これはこれでかなり嬉しい。日常的に一番気に入っているのはこれかなぁ。

できるようになったこと
  • とりあえず7人の色と顔と名前が一致した
  • 7人の声が聞き分けられるようになった
  • 主な曲は歌割りまでなんとなくわかるようになった
すべてLIVEを見た上で気づいた、おすすめポイント
  • 1st Tour。個人的見どころは、アンコールのタチアガレ。最後の落ちサビでまゆしぃとよっぴーの歌割りを交換しているところ。タチアガレはどんどん好きになっていく曲で、いつもまゆしぃのソロでジーンと泣けるんですが、よっぴーがこのソロを歌ったこのバージョンも大好きです。そして終演後の観客のみなさんとの大合唱。最初からこんなLIVEを知っていてたら、ずっと追いかけることができたのに。最後の部分だけ結構リピートしてます。
  • 3rd Tour。なんといっても生バンド。すべてのLIVEの中で唯一の生バンド。これに尽きます。ピッチ高めのスネア、激動くBassライン、激しいバックバンドの演奏。やっぱりナマはいいわー、と再認識。
  • Final Tour I(HOME)。大宮でのまさかのかやたんプリンセス。一推しはよっぴーですが、ニ推しはかやたんの私、歓喜。(ちなみにみにゃみは推しとかそういう感覚ではなく。ラジオで成長ぶりをずーっと見てきたから、まるで娘のような…(こんなこと書くと石投げられそう…))
  • Final Tour III(KADODE)。これはやっぱり本編最終盤のタチアガレのレインボー。ソロのぐっときているよっぴーにいつも涙腺が緩みます。そしてアンコールの挨拶のときのまゆしぃの号泣。こんなにもいろいろなものを背負っていた彼女が吐き出す姿にこちらも号泣。
  • Final SSA。なんかねぇ、、、こうやって彼女たちの軌跡を見てしまうと、とてもSSAの映像、涙なしには見れないんです。彼女たち、相当苦労したんだろうなぁ、ワグナーさんも一緒に頑張ってきたんだろうなぁ、その結実した舞台だったんだろうなぁ…あんまり見れないんです。もったいなくて。でも見ちゃうんですよね。ワグ・ズーズーの楽しそうなところとか、極上スマイルでみゅーちゃんが歌詞間違えたりとか、TENのタチアガレの楽しそうなところとか。

そして。一番びっくりしているのが、ワグナーさんとWUGちゃんとの距離が本当に近いこと。心理的な距離もそうですが、物理的な距離でも。本プロでもアンコールでも、WUGちゃんがどんどん客席の中の通路を歩いていくのが本当に信じられない。普通はこういった演出、観客のみなさんがエスカレートしてしまったときのことを考えると、とても無理、とうてい考えられない。それだけ、信頼しあえる関係性だったんだなぁというところも含め、WUGちゃんすごい。

こんなにハマったグループも久しぶりです。もう活動することがないのが残念ですが、いつかまた、SSAで、放課後ティータイムみたいに同窓会みたいなことやってくれないかなぁ…なんて淡い期待をもちながら、WUGは私の心の中に生き続けます。(なんだか圧倒的に語彙力のないブログになってしまった…。)