読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

2016 買ってよかったもの

2016 買ってよかったもの

お題その2「今年、買ってよかった物」

今年もはや12月。月日が立つのは早いもので…と思いますが、買い物という点では今年は定着するものが少なかったような1年でした。ケータイだって変わりましたし、タブレットだって多分変わってるし…。ガジェットだらけの我が家で見事に毎日の生活に溶け込んだモノ、3選を取り上げたいと思います。

第3位 どっちも挿せるUSB

ガジェットの充電端子ではUSB Type-Cが普及し始めたのが本年ですが、相変わらず市民権を得ているmicro-USB。そのケーブルには表裏があり、時間のないときになかなか挿すことができるイライラ…というときに見つけたのが本製品。我が家の充電ステーションでの利用率トップは、このケーブルです。充電もしっかりしてくれますから、言うことなし。

ちなみに、この製品の派生系で「micro-USBとLigetningの両面挿しケーブル」というのも発売されています。これって果たしてどうなのかしら…と思ってまだ試せてはいませんが…そのうちこういったニコイチケーブルが増えてくるんでしょうねぇ。

第2位 無線でつながる体重計

今年、私の体重が大暴騰しています。ピークで痩せていたときから10kg以上増えているこの状況はまさに、奇跡。(またの名を、危険領域突入)オジサンだからといって言い訳していたのがさすがにマズイと思い、体重計を購入しました。

普通の体重計は、毎日記録するのも面倒くさいというネガティブポイントがあるのですが…これを払拭してくれるのが、無線体重計「Withing WS-50」です。いまではこの後継製品が安価に入手できるようになっていますが、この体重計はWifi経由(もしくはBluetooth経由)で、クラウドで体重を記録してくれるのです。レコーディングするのは楽しく、毎日体重計に乗る習慣ができました。まぁ、体重は見事に右肩上がりなので、当初の「痩せる」用途にはなっていないことが玉にキズでしょうかね。。。

第1位 ルンバ(もどき)

家庭用掃除機といえば、抜群の知名度を誇るものがルンバです。そして、大体の皆さんがその価格を見てがっかりするのもルンバです。高い。とにかく高い。普通の掃除機2台分を購入できてしまうその価格は、一般家庭を諦めさせるには十分なインパクトがありました。

今年は、そんなルンバにも中華製品が進出してきた年でした。私の購入した「」は、はるばる中国から輸入されたルンバもどき。でもタイマーで動き、それなりに掃除してくれる大したやつです。(毎日コードに引っかかって力尽きていることを除けばね。)幸運にも我が家は段差がないので、毎日放置プレイしているだけでタイマー起動、結構なホコリをとってくれます。市販されれば、もっと日本の住環境も変わるのになぁ、と思う製品です。

www.gearbest.com

きちんとした、使えるルンバ880はこちら。どうせルンバならこれがよいです。(値段は3倍以上ですが…)

番外編 珪藻土マットレス

ガジェットではないのですが、毎日利用している重宝しているものが、珪藻土のマットレスです。毎日バスマットを利用していてなんの不自由も感じていないのですが、お風呂上がりに水滴を気持ち良いくらいに拭き取ってくれるのは快感です。ちょっとお値段が高いのが厳しいですが、買って損はない逸品です。

というわけで、来年もいい品見つけられることを祈りつつ…今年も佳い一年で過ごせることを祈りつつ…と思います。はい。

特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット