ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

スマホのガラスフィルムの重要性

お盆休みに、スマホを落っことして液晶をクラッシュ!!させてしまいました。ガラスのフィルムを貼り付けていたおかげで被害は最小限に食い止められましたが…。よかったです。何事も、転ばぬ先の杖、ですね。

本日の駄文

いよいよお盆があけまして。夏も後半戦に突入といったところでしょうか。真夏というよりは晩夏ともいえる最近、横浜でも気温が下がって極めて過ごしやすい天候です。tだ、明日からはまた蒸し暑い日々が戻ってくるという噂も。…どうりで体調が安定しないわけですねぇ。。。

スマホのガラスフィルムの重要性

こんな大層な題名をつけるものでもない件ですが…夏休み中におきた、ちょっとだけ悲しい事件について、少しの間お付き合いください。

私のスマホは、現在Oneplus 5Tを利用しています。Oneplus6へ、ものすごーく機種変更したいものの、…残念ながらいまだOneplus5T。でもこのスマホ、とっても気に入っています。5.5インチの大きめサイズに、画面をダブルタップすると一瞬で画面ロックが解除される顔認証機能、最新のUSB-TypeC充電端子を搭載しながらも、イヤホンを挿せる、新しさと古さのいいとこどりの機種。価格もようやくこなれてきまして、海外通販経由だと5万円台、Amazon経由でも6万円台で購入できるようになってますね。

で。このスマホにも相変わらずケースとガラスフィルムをつけて保護していました。最近スマホを落っことす機会がなくなっていたとはいえ、保険でつけていたんですよね。つけていたガラスフィルムはこちら。

ついでにケースはこちら(私は黒ですが)。どちらもお気に入りのメーカーです。

で。夏休みのバーベキューに行った後。久しぶりに気分よく酔っ払った自分は、自宅でうっかりリビングの上にスマホをおいたことを忘れ、勢いよくスマホを床に落っことしてしまったのです。結果、スマホは表面にもろに衝撃を受け、ものすごい音とともに液晶画面がバッキバキに。「ああぁぁぁ…やっちまったなあぁ…」と考えておりましたが、本体へのダメージは幸運にも最低限に抑えられており、バッキバキになったのはガラスフィルムだけで済んでおりました。ホッと胸をなでおろしたのは言うまでもありません。

ガラスフィルム、登場当初は高嶺の花だった(3,000円~4,000円しました)のですが、最近はAmazonを検索すると2枚入りで1,000円以下で購入することが出来ます。ガラスフィルムは気泡が入りづらく、きれいに貼るのもわりと簡単。そしてその強度は言わずもがな。たまに電車の中で、スマホの液晶画面がバッキバキになっている方を見ることがありますが、そういう方にこそ、保険の意味も込めてガラスのフィルム、貼ってほしいと思います。なによりそれほど高い品物ではないですからねぇ。壊したかも!と思ったときにフィルムだけで済んでいたときの安心感、プライスレス。ですよ。

酷暑お見舞い申し上げます。

最近は本当に天気が不順ですね。台風が来て自律神経がぼろぼろになったかと思えば、その翌日には真夏日、猛暑日が続くという過酷な状況。みなさま、体調にはくれぐれもお気をつけいただき、ご自愛下さいませね。

なんでこんなことを書いているのかというと、毎年恒例このブログも夏休み期間を頂く予定だからです。まあ休職中の我が身を考えると、今年の夏はずっと夏休みを過ごしているんじゃないかというツッコミもありますが、、、ただ、主治医の先生もおっしゃるように「ずっと気が張った生活も良くないから、適度にダラダラしてもいい」という言葉を信じ、この一週間は少しダラダラしようと思います(苦笑)

テレビでは高校野球も始まりました。そろそろお盆の季節です。ご先祖様に思いを馳せ、今生きていること、生かされていることに感謝しながら毎日を過ごしていきたいなぁと思います。くれぐれも、水分と塩分補給はお忘れなく!

なんだかんだで500mlを購入する機会が多い私ですが、2lのペットボトルを購入するときは十六茶が好きです。飲みやすいブレンド茶。別に十六茶に限らずですが、家の中でも熱中症対策必要です。塩分も適度に取りましょうね。

The Internet

Internetの進化は早い。それに即し、使う人間側も進化していきたいですよね。

本日の駄文

台風が接近しているおかげで、私の調子は絶不調。一日起き上がれない日々が続いています。気圧に弱い自覚はありましたが、ここまで鮮やかに調子が崩れると、なんといっていいのやら…まだ社会復帰までは時間がかかるのかもしれません、残念ながら。

The Internet

今週のお題「わたしのインターネット歴」

私がInternetに接続したのは、世間に比べれば早かったような記憶があります。きっかけは、当時購入したPC-98に内蔵されていた「モデム」の存在。Internet接続のプロパティを選択し、説明書に書かれたまんまに設定画面をいじくりまわし、接続するときの「ピーッ、ガガガッ ピーッピー」という音とともに現れる、Internetの画面。最初期はやはりyahooをトップページにしていて、ニュースサイトで情報を入手することぐらいしかしませんでした。

その後。ただ見るだけでは飽き足らず、自分でホームページを作成したりしました。このときは地道にテキストエディタでhtml打ってました。ホームページビルダーもあったけど、もったいない気がして…。画像もなるべく使わずに、ひたすらに軽いページ作成を目指していました。そのおかげか、私が所属していた吹奏楽団のページはなかなかのPVを集めていたような。でも掲示板も荒らされまくっていたっけなぁ…。ネチケットなんていう言葉が美徳とされていた時代、自分も含めてですが、Internetにつなげる知識のある人は、ある程度の情報リテラシーがあった気がします。

いま、Internetの状況は、みなさんご存知の通り大きく変わりましたね。一番の起爆剤はやはりスマホでしょう。どんな人でも、気軽に、Internetに接続できるようになったことが情報化社会を一気に進ませることに寄与していますよね。しかしながら、マナーのなっていない一部の人間がクローズアップされているのも確か。ネット上で脅迫したりする事件が起きてしまうのはことさらに残念に感じます。

とはいえ、時代時代にあった時代に即したInternetも進化しています。絵や動画がバンバン動くホームページがあるなんて、誰が想像したでしょうか…。おかげでYouTube等で昔の名演を聴くことができるようになったという恩恵も受けれる。Internetの技術は日々進歩していきます。それに適応しながら、うまくInternetと付き合っていきたい。そう考える台風直下の昼下がりでした。