ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

いまxperia X(F5122)を勧める理由、それは価格。

格安スマホ選び。海外向けの製品に目を向けてみるのも面白いです。国内で高嶺の花であるxperiaも、海外向け製品であればより安価に購入できますよ。

本日の駄文

格安スマホのトラブルが急増しているというニュースが話題になっています。私は格安スマホ(格安SIM)にお世話になってからすでに数年経っていますが、まったく困っていません。おそらく、自分でいろいろ調べることが出来ているからだと思います。コレ重要。詳しい人に頼れない状況だとするならば、従来どおり主要キャリアさんのお世話になったほうが良いかもです。

いまxperia X(F5122)を勧める理由、それは価格。

冒頭書いていることとは正反対のことになるのですが、、、格安SIM、サイコーです。私はもともとdocomoユーザーだったこともあり、格安SIMへの移行が簡単に行えたのも幸運でした。その後、いろいろなトラブルも経験しましたがなんとか乗り越えて、いま快適に利用できているユーザーの一人です。

格安SIMを利用した格安スマホで楽しいものとして、スマホ選びが挙げられます。キャリアの余計なアプリがほとんど入っていないスッキリした中身は利用していて気持ちが良いですし、国内販売されているスマホのみならず、海外で販売されているスマホに目を向けてみるのも楽しいですよね。

海外通販、私も散々お世話になっております。「expansys」や「etoren」などを利用して何回も海外向けスマホを利用してきました。今回はその中からsony製、xperia X(F5122)をご紹介したいと思います。

詳細なスペック表はgoogle先生に聞いていただくとして、主要なスペックだけ列挙します。

  • CPU:Snapdragon 650(6コア、1.8Ghz/1.4GHz)
  • RAM:3GB
  • ROM:64GB
  • 画面:5.0インチ IPS LCD(1920*1080)
  • 対応バンド:日本で利用するバンドはほぼ対応
  • 指紋認証対応(側面)
  • nfc対応
  • イヤホンジャックあり
  • 充電はmicroUSBを利用

これらのスペックは、私がスマホを検討している中で重要と考えるスペックたちです。(カメラ性能はあまり関係ない)2017年4月現在、国内で販売されている格安スマホだと、対抗できる機種としてはnova liteあたりになるでしょうか。

国内正規品としては、この機種の1コ上位機種であるxperia x perforemanceが昨年発売されていました。これと比べると本機は若干、ほんの若干見劣りしますが外見はほとんど変わりません。それで、なんとお値段4万円を切る価格で購入できます。(発売当初と比較すると約半額で購入できるという…!)早速購入して利用してみました。

うん、この使い心地、xperia。いままで海外端末をかなり触ってきましたが、xperiaに戻ってくるとこの快適さはやはり素晴らしいんだなぁと思います。指紋認証が側面についているのが唯一の不満だったのですが、使ってみて全く問題なく認識されます。(さすがに先日購入したmate9と比較するとほんのちょっっっとだけ遅いですが全く気にならないレベルです)細かい使い勝手まで気をまわしてくれるこの気遣いが日本メーカー製だよなぁ、つくづく感じます。

しばらくはこのxperiaを主力機として利用してみることにします。(本当はmoto g5 plusを狙っていたのですが、moto g4 plusとさほど変わった印象がなかったなんて言えない…)海外向け製品を利用してみても問題ないと、チャレンジしたいと感じる貴方にぜひオススメです。(なんだかんだでオトクに弱い私…)

ついでに。

ケースはこちらがオススメ。スマートで薄くてフィットしていて、強度もしっかり。値段の割に非常に満足度が高いです。(私のスマホは代々このメーカーのケースを使っています)こちらもあわせて、是非。

楽器トラブル。

私の楽器が壊れました。ただそれだけのエントリーです。

本日の駄文

パインアメさんのツイートが話題に上がっています。確かに、パインアメをさながらマウスピースのように音をだすのはとっても大変ですよね。音を出されていたプロ奏者の全力での悪ふざけ、そういうの私、大好きです( ̄ー ̄)

楽器トラブル。

♪ボクの大好きな〜 エレキベース

 とっても大事にしてたのに〜 壊れて出ない弦がある〜

 ど〜しよ?? ど〜〜しよ??♪

久しぶりに楽器を弾けていた昨日、私の楽器(エレキベース)が壊れました。弾いてるときは何が起きたのかわかりませんでしたが、4弦の感触がない。あ、これは弦が切れたのかな、なんて思っていたのですが、事態はもっと深刻でした。楽器が壊れました(悲哀)弦を載せている部分が欠け、弦を抑えることができなくなってしまった状態。ひっさしぶりに慌てました…。

おそらく、それほど高くない値段で治るとは思うのですが…苦楽を共にしてきた楽器が寿命を迎えたことに、さすがにちょっと凹んでいます。まあねぇ、楽器の寿命もありますからこればっかりは仕方のないことですし、直せば直る箇所ですからまぁいいんですけどねぇ。。。楽器のリペアの模様は、そのうち掲載しようかと思います。あー悲しい。今日はオチも何もない話でした。。。

小気味よさ満点、mate9

ストレスフリーなタブレット、mate9。スマホより大きな情報量、快適な使い心地。小気味よい大きさも相まって、xultraの後を見事に埋めてくれました。

本日の駄文

桜の咲く頃は体調の変化がわりと激しくて…少しゲンナリしています。この時期名物の、朝の満員電車→電車遅れのコンボもあって、朝からテンション低め。なんとか1日乗り切っていきたいなぁ。

小気味よさ満点、mate9

私はスマホの他にタブレットを持っています。データ通信専用のsimを入れ、とても便利に使っております。なぜタブレットかって?理由は簡単、老眼の影響です(泣)小さい画面のスマホは携帯するには便利ですが、長時間画面を見続けると目が疲れてきます。そんなわけで、電車のなかでは私はタブレットを広げる機会が多くなっています。

タブレットといっても、大きいタブレットはNG。混んでいる電車内で8インチのタブレットを広げたこともありましたが、流石にちょっと恥ずかしいし、かさばる。スマホより少し大きめのタブレットを探し求めた挙句、一番最初に購入したのはsonyの銘器、xperia z ultraでした。海外からやってきたこの端末、本当に優れものでした。手帳よりちょっと大きいくらいの程よいサイズ感、モノとしての所有満足感。xperiaならではのいじり倒せる感。いまでも秀作タブレットだと思います。

この銘器の系譜。xperia c5 ultra、xperia xa ultraへと順調に進化しています。もうじきxperia xa1 ultraが販売されるようでコイツがターゲットになるのですが、、、ただ、難点がひとつだけ。いまだに指紋認証がついていないのが気に食わない。スマホで指紋の便利さを知って手放せなくなった装備、いまさら指紋なしのタブレットには戻れない!そんな私が、Amazonで見つけてしまったタブレットが「Huawei mate 9」でした。70,000円では購入したくないけれど、今ならオトクセール込みの値段で購入できる(5万円を切る値段)、というわけで…勢いでポチッとした…その結果レビューです。

  • まずは大きさ。z ultraと比べると2回りくらい小さくなって可搬性が段違いによくなりました。胸ポケットにも簡単に収納可能です。
  • 次に指紋認証。爆速です。他にも指紋認証できるスマホはいろいろありますが、その精度と認証速度はおそらくナンバーワン。背面にある指紋認証はアクセスしづらい印象がありましたが、このスピードと精度であれば十分常用可能です。
  • つづいて処理速度。流石に最高峰のCPUを積んでいるだけあって、爆速。ヌルヌルサクサク。私は3Dゲームは艦これしかやりませんが、十二分に早い。メモリも4GB積んでいますから、いままで処理でひっかかったことがありません。2GBの端末と比較すると爽快感が段違い。
  • 予想外に恩恵を受けているのが、CA(キャリアアグリゲーション)。docomoがいうところの「Premium 4G」ですが、この恩恵を受けられる都心部ではwebブラウジングも爆速。こんなに効果があるものだとは思いませんでした。(標準状態では有効になりませんので、きちんとCA設定しましょうね)
  • デメリットらしいデメリットは…強いてあげれば、Huawei独自のユーザーインターフェースでしょうか。素のAndroidに慣れていた自分としては、少しだけ安っぽい感じが否めません(苦笑)xperiaのときはこんな感じにならなかったんだけど。こればっかりは慣れかなぁ。

「ストレスフリー」なタブレット、mate9。その導入は本当にびっくりするくらい素敵なものでした。小気味よい大きさに加えて、十二分すぎるCPU、メモリ容量。そして素早いダウンロード。ココ数年で一番感銘を受けたガジェットだと思います。確かに値段はまずまず高いですが、それ以上に所有欲がものすごく高いです。技術革新の早いこの世界ではありますが、たぶん数年は戦っていける銘器の予感。私の中ではz ultraの進化版に認定です。