読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

Pirastro Passione(パッショーネ)

ベース

久しぶりのベース話。弦を張り替えまして、ピラストロのパッショーネにしてみました。落ち着いてくると渋目の音になりましたが、音量出るし音質はかなり好きな部類。いまの楽器と結構ベストマッチだったかも?と思っています。

本日の駄文 

日常生活が充実してくると、調子が良くなったりしますよね。私は気圧の変化に敏感なので、この「梅雨」という時期はいつもぐったりしているのですが、ここのところ調子は安定しています。どんより空でも安定した調子ということなんでしょうね。なにごとも「急激な変化」というのは厳しいのかもしれません。

Pirastro Passione

久しぶりに楽器の話題です。先日、弦を張り替えました。いままで経験した弦の一覧はこちら(Cb弦比較検討)をご覧いただければ幸いですが、いままでの弦はBELCANTO ベルカント。THOMASTIKの弦としては「ドミナント」が有名ですが、こちらの弦はPirastroに対抗して作った弦なんだとか。調子はまずまず安定していましたが、2年も経つとさすがに音が死んできた感じがしたので今回の交換に至ったわけです。

今回の弦交換でのテーマは、原点回帰。ここのところPirastroから離れていたので基本に戻ろうかと。でも普通にFLEXOCOR フレクソコアではつまらんし、かといってORIGINAL FLAT-CHROME オリジナルフラットクローム張るにはすこしもったいない。(財政難はいつもの通りですし)Pirastroも最近円高の影響で値上げするかもしれないし…と思っていたところで、以前から気になっていた弦にしてみました。その名は、Passioneです。

張りたての時の印象はそれはそれはギラギラした音がでました。1日くらい弾きこんでいくとそのギラギラは次第に落ち着いていき、どちらかというとこれも渋め、暗めの音がでてきました。ただ、それもネガティブな印象ではなく丸い音というか包容力のある音というか。音が立つわけではないけれど、届く音がでる、そんな印象です。音量は結構出ます。張力も高めなので左手のフィンガリングもすこし疲れました。が、総じて私は好きな弦になりそうです。ひとと異なるものをお好みの方はいかがでしょうか?