読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

イヤホン~㉘UE 350およびUE 400~

UE350/UE400。一昔前に評判になった機種ですが、改めて聞いてみるとその良さを再認識できるものでした。ueの美点は音作り。自然な音形は万人受けしそう。少なくても私は好きですね。

本日の駄文

WindowsUpdateにひっそりとWindows10化のチェックボックスが入っていました。少々げんなり。そんなにMicrosoftもupdate強制させるのかしら、とちょっとがっかりしてしまいました。

イヤホン~㉘UE 350およびUE 400~

「Androidスマホでリモコンでのボリューム操作できるイヤホン」を探しに探してAukey イヤホン EP-C1Sを取り寄せたところ、かなりがっかりな音質にしょんぼりしていた私。いろいろとその後Webの中をさまよって調べてみたところ、Android機はボリュームの規格を設定していないため、対応機器が極端少ないことがわかりました。となれば、次点ではありますが「アナログで手元でボリューム操作できるイヤホン」を探していたところ…なんと自分が以前購入していたlogicoolの製品が手元にありました、製品名は「ue350vm」および「ue400vm」。買った当初は見向きもしなかった本製品、レビューしてみましょう。

  • ハウジングは少し大きめ。しかしカナル型とすればこのくらいは普通でしょうか。
  • イヤーピースサイズは大きめ。購入時に5種類のイヤーピースが付属してきますので調整可能。
  • 音域は、低音がしっかりした弱ドンシャリ(ue350vm)、もう少しフラットより(ue400vm)。
  • タッチノイズはほとんど感じません。ue350vmは普通のケーブル、ue400vmはきしめん型のケーブル。
  • 遮音性は高め。
  • 音量はとりやすい方です。手元でダイヤル式のボリューム調整ができるので便利。
  • 音場は広めのスタジオ程度。
  • 精細感はまずまず(ue350vm)、わりと良い方(ue400vm)。いずれもハイレゾを味わいつくすには少し力不足ですが、価格から考えればだいぶ良い方でしょう。

棚の奥から引っ張り出してきたわりに、かなりいい音で音楽を鳴らしてくれます。ueの世界観(低音が若干強めで聞いていて心地のよい音形ピラミッド)を低価格で実現させている佳作。ue350はよりドンシャリ傾向、ue400はより上品傾向ですので、好みに併せて選んでみると吉。さすがue、前回購入したaukey製品と比べると文字通り雲泥の差。このレベルであれば強くオススメできそうです。

…が、これ販売されていたのは1年前の話なんですよね…。当時はue350もue400もOUTLET価格で3,000円程度で購入できましたのでオトクだったのですが、今となっては入手困難かも。もし手に入ればラッキー、程度で探してみるのもいいかもしれませんね。ueの音作り、私はすごい好きです。

Ultimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE350VM

Ultimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE350VM

 

 

Ultimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE400VM

Ultimate Ears ハンズフリー高遮音性イヤフォン UE400VM

 

ちなみに、型番の「VI」と「VM」は対応機種を示していて、「VI」はiOS対応のリモコンになっています。こちらのほうが世間的には「使いやすい」機種ではありました。