読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

OXO パームブラシ

自炊するときに良く登場するフライパン。そいつを秒殺で洗い流すことができる優れものが「パームブラシ」です。100均製品よりもしっかり使い倒すことができ、最近購入したキッチン用品の中では軍を抜いて活躍してくれていますよ。

本日の駄文

本日(2015/10/21)は、バック・トゥ・ザ・フューチャーがやってくる「未来の日」なんだそうです。映画を制作した当時から比べるととっても「未来」だったと思いますが、彼らが今の世の中を見た時にどんな反応するんでしょうかねぇ。「スマホって何?」とかなると思うんですけど、そのくらいかしら。意外と生活環境は当時と比べて進化していないのかも、なーんて思ったりして。

OXO パームブラシ

最近、自炊することが増えています。理由は、自分の体重を絞ろうと思ったため。つい夕食を外食or中食に頼ろうとすると、揚げ物や味付け濃い目のものを選びがちになってしまいます。そこで、自分で料理することで「あっさり」「薄味」「控えめ」な食生活を送れるかも、と考えたのがキッカケです。(もちろん、一過性のマイブームなのでずっと続けようとは考えていないのが玉にキズ)

ご飯を作ることはそれほど苦にはならないのですが、いつも面倒くさくなるのが後片付け。シンクの中に食器が放置プレイされていると、翌朝のなんともいえない惨めさたるや。でも酒飲んで動きたく無くなってしまうのも事実としてあり、だったら料理中から積極的に使った鍋を洗おう、という発想にいきつきました。で、購入したのがこのOXOパームブラシです。

OXO ワンプッシュ パームブラシ 1278100

OXO ワンプッシュ パームブラシ 1278100

 

こちらの製品のいいところは、油まみれになりがちなフライパンをささっと秒殺で洗い流せること。容器の中に入れる洗剤も市販のものを使えますから経済的。同等の商品は100円ショップで売っておりますが、このタイプで一番気になるのは「プッシュすれば確実に洗剤がでてくれること」安い製品は穴が詰まりがちになってしまうので、洗う際の爽快感が全く違います。(こういう細かいところは、精神衛生上積極的に投資すべきところだと思っています。)

おかげでフライパン料理しか作らなくなってしまった私。当初の目的の一つである「油控えめ」はどこへ行ったのやら…?と、とにかく、折角自炊するんだったら少しでも楽しいキッチン小物を使うことがストレス解消になりますよー、というお話でした。

OXO グッド・グリップス ナイロンヘッドトング (小)

OXO グッド・グリップス ナイロンヘッドトング (小)

 

ついでに、炒めモノをするときの相棒がこちらのトング。いままで菜箸しか使っていなかった炒めものの窮屈さから劇的に開放されます。大きいお肉、重い野菜、ひっくり返すときにこれを使えばチョー楽ちん。騙されたと思って使ってみてください、感動しますから…!