ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

イヤホン(38) FINAL E4000

満を持して発売された、FINALの上位イヤホン、E4000。この価格帯でのコストブレイカーとなるキラー機種です。大人が音楽に没入できる、手頃な価格帯のファーストイヤホンとして、ぜひ。

本日の駄文

ひさしぶりに、横浜駅で行き先が「修学旅行」の特急を見かけました。自分たちだけの電車になっている車両って、なかなか優越感ありますよね。東海道新幹線でもたまに「修学旅行生貸切状態」の車両があったりします。なんだか青春時代を思い出してなんとなく甘酸っぱい感じになったりして。

イヤホン(38) FINAL E4000

ここ長らくイヤホン関連の記事を上げておりませんでした。それもそのはず、通常使うラジオ向けのイヤホンに関してはBluetoothイヤホンで事足りておりましたし(こちらはAnkerの製品がお気に入り)、音楽を楽しむ際はFINAL製のイヤホン、E2000とE3000をかわりばんこに利用しておりました。vocalを聞きたい、楽しく音楽を聞きたいときにはF2000、精細感を楽しみたいときにはE3000。どちらもこのクラスのイヤホンとしてはベストバイだと感じる逸品だと思います。

しかし、このE2000/E3000、両方ともに若干惜しいのです。上のクラスを知れば知るほど、E2000には精細感を、E3000には押しだしの強い音を求めてしまうのです。あぁ、これってジレンマ。仕方のない話ではあるのですが、良きライバル同士、両方の特徴を併せ持ったイヤホンがでてくれないかしら…と考えていた私に吉報が。FINAL社がこの両者の上位機種、E4000/E5000を発売するとのこと!しかもMMCX端子でリケーブルまで可能…。また私は沼に引き釣りこまれるのか…?と思いながら、まずはE4000を購入することができましたので、簡単にレビューさせていただこうと思います。

それでは、いつものようにレビューをば。

  • ハウジングは小さめ。でも、E2000/E3000よりは少し大きくなりました。
  • イヤーピースは耳孔にフィットするタイプで万人向き。
  • 音域はフラット。でも若干の弱ドンシャリといった感じもします。
  • ケーブルのタッチノイズは少なめ。
  • 遮音性は高いのですが、かといって外の音が聞こえないわけでもない、不思議な感じ。
  • 音量。とりづらいです。きちんとしたDAPを接続することを推奨ですね。
  • 音場。広めのスタジオといった感じかなぁ。でも「いい」スタジオで聞いている感あります。詳細は後述。
  • 精細感、素晴らしいです。完全にE3000の上位互換です。弦楽器や管楽器はどのように吹いているか、奏法が音で見えるほどに素晴らしい。

E2000/E3000双方の上位互換として作られたE4000、少しだけハウジングのサイズは大きくなりました。ケーブルはリケーブル対応になって少し太くなり、全体的な印象としては「高級イヤホンの入門機」といったニオイを感じさせます。その音を聞いてみると…果たして、これは期待通りの内容でした。

E2000で感じていた女性ボーカルの表現力の豊かさを感じることができるし、E3000で感じていた精細感は完全に上をいっています。価格見合いといえばそれまでですが、久しぶりにイヤホンでギターのカッティングやベースの奏法が目に見えるほどの再現度を実感するに至りました。ファーストインプレッションとしては、とてもすばらしいです。

ただ、若干エージングが必要なのかな?という気もします。高音のキラキラした感じや、EDM系のバシバシした音は若干まだ音の広がりに欠けるところもあり。低音ももう少しブリブリ出てくると思いますので、また機会をみてレビューに関しては追記したいと思います。

とりあえず、購入して3日聞いた感想としては、素直に「圧巻。」の一言です。なんというか、E2000/E3000のときも感じましたが、コレを15,000円で販売されると、他のイヤホンが霞んでしまうほどの表現力の高さを持った、万能機。ついでにMMCXなので、自分好みにカスタマイズすることで多少の味付けも可能。FINALさん、またあなたは素晴らしいイヤホン作っちゃいましたよ、これ、またイヤホン沼に嵌りそうな予感大です(苦笑)

知る権利って?

アメフト、日大選手のタックル問題の会見に感じた、強烈な違和感について。いつも以上に主観が入っていますので、お好みの方だけどうぞ…。

本日の駄文

スポーツバーに行くと、地方球場での阪神-ヤクルト戦が放映されておりました。甲子園ではないからか、応援ラッパもなんとなくいつもと違う。どうもTb.が入ってオクターブでハモってる。ちょっと違和感ありましたが、これはこれでアリ。東京音頭とか自由自在に副旋律歌ったら、とっても気持ちよさそう、という吹奏楽部員あるあるであってほしいことだったり。

知る権利って?

最近、世間の話題を持ちきりにしているものといえば、アメフト、日大-関学大のラグビーの試合でのタックル問題。日大の対応のお粗末さが浮き彫りになっている昨今ですが、今日は日大の当事者である選手が個人で会見を開き、それをマスコミが取材する。そんな構図を一斉にマスコミが取材しておりました。

そこで感じた、強烈な違和感。

 

 どうも…。なんというか…。世間一般の方の価値観と私がずれていないことを願うのですが…。

  • 弁護士や発言者の意思を無視した、選手のアップを映し続けたメディア。
  • 質問は一社一つまでというルールを無視したメディア。
  • ルールを反故にされながら、がんばった選手。

テレビというメディアの、こういった傾向の報道方針に、私は強烈な違和感を感じるのです。この会見の時、私は幸いにもテレビから離れていたので、なんとか気持ちを保つことができましたが…もしリアルタイムだったら吐いていたでしょう。そんな中、やっぱりラジオはまだ信頼できる。TBSラジオ、いつも聴取している「たまむすび」内での割り込み放送の後、番組出演者の方がキレ気味に吐き捨てていた。それが首都圏に流れていた。これで少し私の溜飲も下がりましたが…。

人間、やっぱり権力になびくところはあると思います。しかし、やっぱり自分のコントロールが効く部分では根っこは大事にしたい。TOKYO MXの代表として質問した有馬さんの質問が殊勲だと思います。選手が、どうか今後の人生において良き方向に向かわれますように、そして世の中の動き(テレビというマスコミの報道方針)が少しでも、いい方向に変わりますように…。ただ祈るばかりです。

循環呼吸って難しいよ…

循環呼吸って難しいです。アマチュアの人が一朝一夕でできるような簡単なものではない。しかも、使う機会はほぼナシ。でも、宴会芸としては意外とウケる、そんな存在です。

本日の駄文

昨夜、久しぶりに会った友人と飲んでました。彼、少し悩んでいたようです。私はカウンセリングしたような形で話を聞いていたのですが、一番彼から感謝されたのは「問題点を意識することができたこと」だそうでした。なんだか自分の心がモヤモヤするときは、どこにその原因があるかハッキリすると、意外と解決への糸口がみえること、ありますよね。まぁ、問題が明白で解決策も簡単でない場合は難しいですが。お金がないとか…(泣)

循環呼吸って難しいよ…

昨晩、帰宅したときにちょうど関ジャニ∞が出演している音楽番組を放送していました。私この番組大好きで、音楽に関するディープな知識をいろいろと掘り下げてわかりやすく解説してくれます。毎週定期録画もしているくらい。

で。今週は管楽器特集だったのですが、Tuba奏者の方が循環呼吸を披露していましたね。スタジオ驚愕、びっくり人間大賞に出れる!というリアクションに、昔循環呼吸を挫折した私、「一般の人から見たら、これってびっくりだよねぇ…」なんてひとりごちながら番組を視聴していたのですが、その後Twitter上のトレンドワードとしても「循環呼吸」があがってくるくらい皆さん驚かれていたようです。そんなわけで、もと管楽器奏者の私も循環呼吸についてもう少し深く掘り下げてみようかと思います。

循環呼吸の練習方法

Google先生で検索しても出てきますが、循環呼吸の練習方法として有効なのは、やっぱりストローを使ったもの。水をぶくぶく言わせながら鼻で息を吸うのですが…実際やってみてください。まー普通の人には無理です。口の中の息を吐きながら鼻で息を吸うのが、どれほど人間の身体に無理を強いるか一発でわかるはず。(実験なさる場合、むせないようにご注意を!)

ちなみにTubaでは、この「鼻で息を吸う」方法以外にも、マウスピースがあたっていない部分、唇の脇から息を吸う方法もあったりします。が、これも原理的には一緒。こっちのほうがちょっとだけ簡単かな?息を口の中にためて、口の中の空気を吐き出しているスキに唇の脇から息を吸う。言葉にすると簡単ですが、実際にやろうとすると難しい。

循環呼吸が必要とされる場面

管楽器を演奏するときは、必ずブレス(息継ぎ)の場所を意識する必要があります。息を吐きながら楽器に息を通して音を出します。リコーダーと一緒ですね。通常、音楽的にはフレーズ(旋律)を意識して演奏し、メロディー楽器はそれほど循環呼吸が必要とされる場面はありません。ただ、低音楽器は「ずっと音が途切れないで音がなっていてほしい場面」に出くわすこともあります。こんな時が循環呼吸の使い時。古い音楽を演奏するとき、1本のTubaで60秒以上楽器を吹き続けなきゃいけない、なんてシチュエーションだったら循環呼吸が生きてくるでしょう。

循環呼吸の大変さ

身体に無理を強いる循環呼吸。これ、練習だけだったら意外と簡単にできる人もいるみたい。私の友人のTuba吹きの師匠の大師匠がロジャー・ボボという世界的に有名なTuba奏者だそうで、彼は「こんなの練習すれば誰だってできるようになるよ、ゲーム感覚でやってごらんよ」と教えられたそうです。Tuba吹きの師匠、それを聞いてほぼ1週間で特殊技能を体得したそうですが…(さすがプロになる方は素養が違う…)

この循環呼吸で一番大変なのは、音を均一に保つこと。ただ息を吐き続けるだけではなく、いかに「いい音」で楽器を鳴らすかのほうがはるかに重要。呼吸を切り替えるタイミングでアンブシュアが崩れたり音質が変わったりしてはいけない。それが難しかったとプロは語っておりましたね。

結局、必要?

私も中学時代のひよっこのとき、Tuba吹きでした。吹奏楽雑誌で「循環呼吸」という魔法のようなワードに引かれて練習を試みるも、撃沈。とうぜんスマホもInternetすらない時代、さらに中学生という体格的にもまだ未成熟な時代に練習することに無理がありました。ストローブクブク練習法なんて目からウロコだったし。

では例えば今、私が中学生のTuba吹きに循環呼吸の練習を薦めるかといえば…答えはもちろん、「No!」。循環呼吸の練習をするくらいなら、その時間をもっと基礎練習に使ってほしいです。ただ、お遊びとして(部活動のかくし芸大会の練習として)練習するくらいならば確かに楽しいかも。私も実際に循環呼吸ができる友人の技を見て「すっげー!」って驚きましたからねぇ。曲中で使うことは、まず、ないです(爆笑)

 

友人の師匠の大師匠、ロジャー・ボボ。そのTubaの音色はまさに神。その教えは、とにかくいい音で楽器を鳴らすことだそうでした。今でも大尊敬する、Tuba界の文字通りレジェンドです。