ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

若い頃の思い切り

楽器を購入できた年齢、25歳。さまざまな思い切りができていた若さが、今となっては眩しく映ります。もう少し愛機をかわいがってあげられればなぁと思います。

本日の駄文

横浜は2日続けての熱帯夜回避。おかげで少し寝付きも良かったような気がしたのですが。。。こう気圧がちょこちょこ変わるとてきめんに影響を受ける私の体調。気圧の変化に対応できるような頭痛薬とか、売ってないかしら。

若い頃の思い切り

特別お題「『選択』と『年齢』」

楽器とともに歩んでいる私の人生ですが、そのなかでターニングポイントとなったのは、楽器を購入したトシでしょう。学生時代からずっと続けていた楽器、コントラバス。しかしながら自分の楽器を購入することはできずにいました。家にあっても割と場所をとるし、第一、お金がない。弦楽器はピンキリの代表選手で、安すぎる楽器はちょっと敬遠したほうがよい。いまのように中国製の楽器が無かった当時、まともな安い楽器といっても新品だと100万弱しました。

そんな私が思い切って楽器を購入できた、25歳のとき。働き始め、自分の収入にも余裕が出はじめた頃。ようやく仕事にも慣れ、いまも所属する吹奏楽の団体に入った頃です。その理由を振り返ると、団体に楽器を置かせていただけるというご厚意に甘えたのが1つ。楽器を購入できるだけの蓄えが貯まったことがひとつ。極めつけは、自分が「この楽器となら満足できるかも」と思える楽器に出会えたことがひとつ。いろいろな偶然が重なって楽器を購入することが出来ました。

当時はクルマを購入することが私の周りでは流行っていました。寮の駐車場には昔懐かしいスポーツカーや外車(いずれも中古車…)が並んでいて、今考えるとやんちゃだった世代なのかもしれません。そんなクルマに目も向けず、中古車1台分くらいの値段の楽器を購入した自分。同期からは驚愕の眼差しで見られたのを思い出しますが、、とはいえその楽器もトシを重ね、だんだんと木が乾いてきていい鳴り方をするようになってきました。まだ若かったころは多少ピーキーな部分もありましたが、いまではちょっと落ち着いてきています。このあたりは人間と似ているのかもしれませんね。

この若かった頃に楽器を購入という選択ができた理由は、若さゆえの思い切りの良さがあったからだと思います。(あと、金銭的に今よりもストイックだったからかもしれません)昔のピュアな自分の爪の垢を、今の自分に煎じて飲ませてやりたいと思いますねぇ。この楽器をまだまだ可愛がっていけたらなぁと思います。

Sponsored by SK-II

市立習志野の「美爆音」

今年も高校野球の季節になりましたね。千葉の習志野高校が甲子園まであと一歩のところで敗れてしまいましたが、とはいえ美爆音は健在。来年こそは甲子園でその圧倒的存在感を聴かせてほしいなと思います。

本日の駄文

今朝、いつものようにYahooニュースを見ていると、なんという痛ましいニュースが。音楽を(さらに弦楽器を)知っている人であれば心が痛むニュースです。加害者も許せないけれど、こんなにバイオリンが壊されると…悲しい。バイオリン54丁破壊容疑=制作者の元妻逮捕―愛知県警

市立習志野の「美爆音」

ことしもこのシーズンがやってきました。高校野球。吹奏楽コンクールの全国大会常連校、市立習志野高校は今年は千葉県大会決勝で敗れてしまいました。本当に残念。でも勝ち進んでくれたおかげで、テレビ越しでもその美爆音を体感することができました。

ZOZOマリンスタジアムにも響き渡る全国大会の響き。なーんていうと少しオーバーですが、それでも対戦相手の高校のボリュームレンジとは明らかに違うこの感じ。単なる「爆音」ではなく、なんとなく音楽を演奏している応援歌は割りと好きで、チャンステーマの最後のハーモニーとか、そのブリブリ言わせる和音の鳴らし方とかよかったんですけどねぇ。いや、べつに相手の木更津総合高校が悪かったわけではないんです。習志野高校の応援が別格すぎたというか。。。

どの高校野球の応援でもそうですが、今後どんどん暑くなっていきます。本当に熱射病、日射病にはくれぐれも気をつけて、甲子園でのハーモニーを奏でて欲しいものです。オジサンはクーラーの効いた室内から、懸命に応援させていただきます(爆)

今年のブラバン甲子園は、パワプロの曲も入っているんですね。なんというか時代を感じるというか…今年のはやりは「恋」と「前前前世」だと勝手に思っています。。。

asrock deskmini110

むしゃくしゃしたので、なんか1台、PC組んでました。Asrockのdeskmini110。かなりコンパクトな筐体ながら拡張性も十分。かなり満足いく機体になりましたよ〜。

本日の駄文

とても本業が乗り気ではなく…こういったときにサブのブログでも更新してみるといいんですけど。ひっそりとお酒のブログも運営中です。こちらもよろしければ。

asrock deskmini110

先週末。ついかっとなってしまったことがありました。大人げないなぁなんて自分で感じながら、とりあえず仕事していたのですが。でもでも、ストレス溜まっていたんです。この休み、2日間共に運良く開いている。ということは、好きなパソコンでも作って気晴らしでもしてみようではないか、と。というわけで、気がついたら右手の人差指が勝手にポチポチっと。期せずしてパソコン1台組み上げてしまいましたヽ(=´▽`=)ノ

というわけで、私が今回組み上げたPCのスペックおよび今回のPC作成時のポイントなどをご紹介したいと思います。割と、長くなりそうな予感がします(汗)

今回のPCのポイント

今回は、以下のコンセプトに組んでみました。実際組んじゃったのよ、Amazon先生からなんとなく部品届いたのよ。う〜ん…

  • とにかく省スペース。最近ものが多くなってきたので、自分の部屋に置いていても最低限の容量しか使用しないようなもの。
  • 事務作業しかしないので、CPUもメモリもそれなりな大きさで十分。そういった意味では中の中くらいの容量を選択したい。
  • とはいえ、ダウンロードを割りとするであろうから、記憶容量はそれなりに欲しい。SSDは起動ドライブとして利用するけど、HDDだって欲しい。(でも1TBくらいあれば十分だけど)

イチバン重要だったのは、とにかく小さい筐体であるにもかかわらず、それなりにアタマが良いこと。こうなると、いつも好きなベアボーンメーカー、shuttleのお出ましかと思っていたのですが…ちょっとつまらない。2.5インチのHDDが入るためには少し大きな筐体となってしまう。かといってIntelのNUCではCPUが少し貧弱。。。CPUはデスクトップ版で、自分で選びたい。。。と考えに考えた結果。筐体として選んだのはasrockのdeskmini11でした。

Deskmini110は、大人の手のひらいっぱいに広げたくらいの大きさ。厚さは多少あるけれど、これならデスクの隣においてもそれほど場所をとらないはずです。もう1つ懸念点としては光学ドライブが内蔵できないこと。これについては諦めました。CDのインポートするときには手持ちのBlu-rayドライブをUSB接続することにしました。便利さと大きさのトレードオフですな。あとUSB端子が前に2つ、後ろに2つと少々心もとない。ここはUSBハブの出番だと思います。

一緒に購入したパーツたち。

で。一緒に購入したパーツたちをご紹介。

まずは何がともあれWindows10。本当はLinuxでもよかったんだけど、メイン機としてはなんだかんだでWindowsを選びたがり。大した機能も使わないけど、ドメイン組むかもしれないのでPro版を選択。

今更感の漂うって突っ込んだ人、はい貴方のことです。正解。でも、個人的にはPentiumよりもCoreシリーズのほうが安心感と高級感があるし、Kabylakeの7000番代Coreシリーズよりも3000円近く安かった(11,300円)ので、旧世代にしました。このDeskmini110ではファーム上げればKabyLake対応できるみたいなので、将来的なシステムアップの可能性も考えています。

メモリに関してはびっくりするくらい安かった時期も過ぎて、適正価格に戻ってきましたね。ホントはデュアルチャネルにしたほうがいいのもわかっているけど、4GB2枚ではなく8GB1枚にしました。後々足りなくなってきたら増やそうかなと。現時点では…まったく問題ございません。8GB1枚で十二分。

宗教上どうしてもSamsung製品は避けていきたいところですが…今回は止むに止まれず。このマザーの制約(PCIe接続)のためにコイツにしてみました。あとはAmazonで5%OFFになるっていうからさぁ。たしかにベンチマーク測ると爆速ですが、体感上は通常のSSDより少し早いかな?程度。ただ、精神衛生上、早いことはとってもいいことです。OSを入れて普通に使うと、128GBでは少し物足りないところもあって256GBを選択。

今回はWDにしてみました。1TBのHDDもだいぶ安くなりました。たんなるデータ庫(またの名をゴミ箱???)なんで信頼性を重視してみました。WDは信頼性、Seagateはスピードといった印象があります。HDDは壊れるとき壊れますからねぇ。

以上、登場人物についてご紹介しました。

いざ組んでみると…

これがねぇ、全くといいほどほとんど詰まること無くあっという間に組み上がってしまいました。自作に精通している人ならほぼ1時間くらいで組めるのではないでしょうか?ちょっと詰まったところだけメモ。

  • まず、裏蓋?を外すネジがかなりきつい。しっかりネジ山を押さえながらドライバーを回さないとすぐネジが馬鹿になります。これ最初の注意点。
  • 2.5インチが2台搭載できますが、1台目は側面から2個のネジで抑えるだけです。2台目を設置するにはマザーボードを外す必要がありそうです。
  • SATA接続する際の端子は、特殊なやつです。いつもの赤いL字型の端子ではないので注意。(ベアボーンキットにケーブルがついてくるので大丈夫)取り付けは、思いっきり上からぱちっとはめ込むタイプ。なにも説明書上記載がないのでここで少々悩みました。。。

といったところ。性能面ではまったく不満ない仕上がりです。CPUだって利用率はだいたい20〜30%を行ったり来たり。メモリも半分くらいの利用率でしょうか。ついでにOSは、Updateまですべて終わった段階で約35GB。すっからかんのOSはやっぱり気持ちがいいですね。身の回りがすこしスッキリスカッとしたので、また週明けから業務に打ち込めそうな気がします。