読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

Aukey製品 クーポンあります。

つれづれ-節約おトク つれづれ イヤホン-イヤホン周辺 イヤホン

Amazonでおなじみ、Aukey製品。ときどき安く購入できるクーポンが公式ブログで紹介されているみたいですね。イヤホン、欲しいっす…。

本日の駄文

毎月の繁忙期、今月も大変に疲弊しますweekを迎えています。今月もいまが踏ん張り時。いろいろな人と会話することで、いろいろなストレスが解消できるといいですよね。あ〜酒が飲みたい(爆)

Aukey製品 クーポンあります。

深夜になんとなく物欲が湧いてしまった昨夜。めぼしい製品をいろいろと探していたのですが…今回目をつけたのは「Aukey」社の製品です。Aukeyはいろいろなケーブルや小間物を販売しているので私も結構お世話になっているのですが、Aukeyさんのブログを拝見すると、ときどきAmazonから安価に購入できるクーポンが発行されているようです。

Aukey 公式ブログ

で。こちらを確認すると欲しかった製品が期間限定で半額で販売されているではないですか!Bluetoothのイヤホンやヘッドホンに関しては、正直半額で購入できる場合はバーゲンプライスになってしまいます。クーポンはAukeyさんの公式ブログをご参照いただきたいのですが、とりあえず製品だけご紹介。

AukeyのBluetoothヘッドホン。私これ結構欲しかったやつなんです。多少小さめで着圧はきついようなレビューが多いですが、耳掛け式というところがナイスですよね〜。

今回とっても触手が動いているのが、このワイヤレスイヤホン。Bluetooth形式のイヤホンも1,000円台で購入できるというのは価格破壊もいいところです。Bluetoothイヤホンって無骨なデザインが多く、なかなか私の美意識にフィットしなかったのですが、これだったらイケそうな気がします。

チャンスはそれぞれ半日だけですが、もしお気に召した製品があれば突撃してみてはいかがでしょうか?iphone7になってイヤホンジャックがなくなってしまって苦労している方にも、これらの製品オススメですよ〜。

moto M Dual XT1663(開封編)

ケータイ-xt1663

到着したXT1663。薄いし軽いし、かなり満足度の高い機体です。このまま素の状態で使ってもいいかもしれませんよ。

本日の駄文

久しぶりに今日は暖かい日でしたね。2月は、首都圏は風が収まると陽だまりが温かく感じるんですって。こんな季節の変化を感じれるような日常であってほしいなぁと思ったり。

moto M Dual XT1663(開封編)

先日、うっかりexpansysで購入してしまったmoto M Dual(XT1633)。やはり香港から日本への国際宅急便は早い。うっかりヤマト運輸さんが日付指定間違えてくれなければ実質2日で横浜市内まで届きました。(ヤマト運輸さんには常日頃お世話になっているので何も言えない小市民の私…)

で。いざ開封~。久しぶりに写真載せてみようかしら。えいっ。

f:id:hamabasso:20170213185620j:plain

というわけで、外観はゴールドの箱。私、ゴールド購入したっけ・・・?

f:id:hamabasso:20170213185719j:plain

ちょと見えづらいですが、私の希望していた「splash Guard」の文字。これが本当に欲しかったのです、私…!。

f:id:hamabasso:20170213185846j:plain

添付されていたもの一覧。私が購入したのは間違いなくホワイトモデルでした。箱は色に限らず共通なのね。で、嬉しい誤算は簡易的なケースとフィルムがついていたこと。日本のモデルでもこういった配慮ができてくれるといいんだけどなぁ。

 

で、軽く触れてみた感想は…。

  • メモリ4GBの恩恵は、今のところ受けていません(爆)。メモリ2GB→3GBへはかなり余裕が増えたような気がしたのですが…。いまのところ私の使い方だとスマホメモリ利用量は~3GBで十分です。
  • 容量32GBはまだまだ十分ですね。とはいってもアプリをインストールしてセットアップしてみると64GBくらいまで使えた方が余裕があっていいかもです。
  • moto G4 plusと比較すると、軽くて薄い!すこしおもちゃのような気がしてしまうのですが…このレベルだと日常生活でもかる~く持てて満足度高いですね。
  • 背面の指紋認証精度はにんまりするレベル。私はやはり背面に指紋があったほうが持ちやすくて使いやすいと思うのです。
  • 肝心の防水機能。まぁ、水滴が付いてもなんの問題もありませんでしたよ。ただドボーンしてみる勇気はありませんが…。

総評としては、かなり満足です。moto g4 plusだってかなり安くなっていますが、こちらのほうがとってもスペックは満足できるもの。日本国内向けにバンド調整して、3万円切った値段で売られていればキラーコンテンツになるのになぁ、なんて思う惜しい性能です。(このままでも首都圏で使うには問題ない性能ですが、人口密度が少ない地域向けのバンドはつかみづらいため、すこしごにょごにょしたいところではあります)

ということで、今後は改造編に進むのか?こうご期待(苦笑)

XT1663(Expansys)

 

個人練習のススメ

ベース 吹奏楽 吹奏楽-雑感

個人練習、大事です。吹奏楽の世界ではどうしても音を消されてしまいがちですが、自分の音を良く聞くことで、いい音、遠くまで届く音を目指しましょうね。

本日の駄文

ここのところ、楽器を弾く機会が多かったせいか楽器勘がもどってきている気がします。楽器を弾くときのクセというか、想いの乗せ方というか。昔取った杵柄が生きてくる、オジサンならではの感覚かもしれませんが…とにかく、若い頃に培った貯金を活かせている気がするので悪い気はしません(苦笑)

個人練習のススメ

楽器がある程度弾けるようになると、欲が出てきます。この週末練習していたときに感じたのは、なんと自分が思っている演奏とかけ離れているかということ。雑な弾き方だということ。細かいところに目をつぶり、ffの音量だけで勝負していないか、ということ。反省点が沢山…です。

コントラバスって、吹奏楽のなかではほとんど聞こえません。これはどうしようもない事実でして、これを曲げようと思って音量の練習だけを重ねていても全く無意味です。どうやったら自分の音が吹奏楽の中で存在感のある音として認識してもらえるか。それは音程やニュアンスまでしっかりと丁寧に演奏することです。「遠くまで飛んでいく音」というイメージです。バチッと音程があった音は、普通にひいた音よりも何倍も遠くまで飛んでいきます。弦の深さを管楽合奏に重ねることが出来ます。これってスゴイ優越感。

そのためには、個人練習で自分の音をよく聞きましょう。

  • 音の出だしはきちんとパシッとでていますか?潰れていませんか?
  • 音の終わりは演奏しっぱなしになっていませんか?音の処理はきちんとできてますか?
  • 長い音が暴れていませんか?羊羹のような音になっていますか?
  • ロングトーンした時は、つねに全弓を使っていますか?贅沢に弓を使っていますか?
  • 早いパッセージ、誤魔化して弾いていませんか?理解してごまかすのと単純なごまかすのとでは如実に差が出ますよ。
  • 合奏体の中でも、荒い音ではなくきれいな音がでていますか?

すべて自分が出来ていないことですが、でも心がけ次第で少しは改善されるものです。だからこそ、日々自分の音を聞きながら、立ち戻りながら、個人練習を進めていかないといけないなと思うのでした。

とりあえずの一冊としては、(基本中の基本ですが)朝練コントラバスなんていかがでしょうか?ルーティンとして基礎練を行うためには効果的な教則本のひとつです。ただ、万能ではない。きちんと技術を磨くためだったらシマンドル等の教本がオススメですよ。