読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

私の心の悪くなり方

心の病

そもそも、私がどういう経緯で休職まで至ってしまったのか。自分の調子が悪くなった様子をまとめてみました。こんな症状があったら、ぜひお医者さんへ。

本日の駄文

朝のいつものスタバにて。行きつけのスタバでは、幸運なことに顔を覚えられていたりします。私の顔を見るなり「久しぶりですね~、お元気でした?」と声をかけられたり。「えぇまぁ。」と答える私。このようなアイスブレイク、ほっとする瞬間があるからスタバ通いはやめられない。

私の心の悪くなり方

絶賛お休み期間をいただいている私ですが、そろそろ社会復帰するため、リハビリを徐々に始めています。こうやってスタバにPCを持ち込んでブログを書いているのも社会復帰のための準備運動。だからこそ、こういった時間は大事です。

上司に、「何のアラートも出さずにいきなり診断書を持ってくるなんて、ありえない」というありがたいお言葉をいただいて休職にいたる私ですが、毎月私が疲弊していく様は日記につぶさに記録されています。そんな私の日記から、どんな風に私が調子がわるくなっていくか、今年に入ってからの経過をまとめてみたいと思います。

1月上旬

年末年始休暇がはいったおかげか自分の中で生き生き仕事に向かう姿勢があった。ただ通勤の電車で酔い、パニック障害の一歩手前のようなものがあった。これは調子悪くなる前兆。

1月中旬

上司からのありがたい言葉。「何を話しているのかわからない」「資料が何をいいたいのかわからない」休出してまで頑張って作った資料も、上司が1から作り直す始末に、自分への失望感を感じる。むなしさ、手詰まり感で鬱々とする。

1月下旬

仕事の調子は絶不調。上司が仕掛けた爆弾を一個ずつ踏んでいく爆弾処理班となる私。上司とのワンツーマンの打ち合わせはこの週5時間、疲弊していく私。自分に原因があるのではないかと思って自己分析。(このときの結論は「自分の上司への接し方が問題なのではないか」という痛ましさ…)

2月上旬

調子の悪さか、インフルエンザ発症。(予防接種していたのに!)これは不運だったのですが、いま考えれば免疫力の低下もあったのかもしれません。

2月中旬

仕事に忙殺されながら、なんとかモチベーションアップを考えている時期。仕事は「やるしかない」と自分を納得させながら強引に進めている状態です。当然仕事のミスが目立ってきています。このころは「やるんだ、やるんだ、やるんだ、仕事やるんだ…」という危ない言葉が記されています。

2月下旬

調子の悪さを自覚し、自分で何かをしようとあがいている時期です。カイロプラクティックに行ったり客観的に自分を分析してみたり。このときの自己分析の結果は、上司とのそりが合わないのが半分、自分の仕事に達成感や納得感がないのが半分。よって転職や異動を考えて上位上司に面談をしたりしていました。

3月上旬

いよいよ調子が悪くなっていき、休職寸前。このころには職場に行こうという気にもならず、大好きなライブに行く気にもならず(チケットとったのに!)。日常生活としては、言われたことを理解できずに、何も言い返せず固まってしまう状態が続きました。このような状態になると私は限界を迎えたと理解するのですが、上司はなんとも思わなかったようです。素晴らしい。

3月中旬

鬱々とした状態を上位上司に相談。診断書を持って上司に休暇をいただくことを宣言。上司からは「期末の忙しい時期に休むなんて何考えてるの?」「1ヶ月のタスクをすべて書き出して必要な情報を全部引き継いで」という大変ありがたいお言葉。朝一から休暇しなさいという診断書にもかかわらず、休めたのはその日の夜遅くになってからでした。。。

いやー、末期的ですねぇ、どんどん追い詰められている自分とは裏腹に、なにも感じない上司。この文章だけ見るとブラック企業なんじゃないかという錯覚さえ感じてきました。これ、調子悪くなって当然ですわ。むしろ休むという選択肢が選べた自分を褒めてあげたい。(泣けてきた…)

もしこれを読んでいる方、上司、部下でも構いません。こんな症状が現れ始めたら心が病んでいるサインです。心療内科を受診ください。一人でも不幸な方がいなくなりますように…。

この病気になってからいろいろ関連書籍を読むようになりましたが、最近いちばんいい本と思ったのがこのうつヌケです。心の病になって一番の薬は「共感」だと思います。私もこんな症状、アルアルと思うことが第一歩ですよ。

イヤホン(34) SATOLEX Tubomi DH-298A1

イヤホン イヤホン-ダイナミック型

SATOLEX TUBOMIはとっても優しい音のするイヤホン。聞き疲れしない音のイヤホンとして優秀な一本。安価なものではおすすめですよ。

本日の駄文

東京は桜の開花が発表されました。しかし、今日は雨の激しい一日でした。お花見の予定もしないといけないし、でも雨はいやだし。。。なんともねぇ。 

イヤホン(34) SATOLEX Tubomi DH-298A1

少々時間ができた私。いろいろなことに備えて出費は備えたいところではありますが、長時間電車で移動する機会もあるため、それに備えてイヤホンを新調しようと考えました。近所の家電量販店に行き、片っ端からイヤホンをつないでは聞き、つないでは聞き…という作業を繰り返していたところ、無名のメーカーを見つけました。その名はSATOLEX。

耳慣れないメーカーでありながら日本製をアピールするその姿勢には好感が持て、視聴してみると…なんじゃこりゃ~、価格に似合わぬ音作り。早速購入してバーンインした後の印象をいつものようにレビューさせていただこうかと思います。

  • ハウジングは小さめ。耳の中に収まりのいいサイズ感は好印象。
  • イヤーピースは少し大きめ。先人たちのレビューを拝見するといろいろととっかえひっかえした方が幸せになれそうな気配がします。(が、とりあえずは標準添付のイヤーピースを利用しました)
  • 音域はフラット。若干のドンシャリですが、気になるほどではないかも。
  • タッチノイズは控えめ。これは美点。ただコードが普通のイヤホンと比べて長いので、取り回しに苦労するかもしれません。
  • 遮音性は普通。
  • 音量は割ととりやすい方です。ポタアンとか気にしなくて十二分。
  • 音場は広めのスタジオくらい。
  • 精細感、音の情報量はほどよい感じ。多くはないが、必要十分です。

このイヤホンのレビューをさせていただくにあたり、考えました。何をどのように文章を起こせば伝わるか。でもやっぱり思い当たるのは「普通のいい音」であり、「やわらかい音」を出すイヤホンということです。

まず、普通のいい音。最近のイヤホンの特色として、音に色をつけたがる傾向があると考えています。それがいい方向にいけば望ましいのですが、だいたいの場合「…よけいなことしやがって!!!」と考えてしまう私です。変にリバーブをかけたような音場にしたり、低音を強調させバランスを崩壊させてしまったり。でも、そんなイヤホンとは無縁なのがこのイヤホン。おそらく10人中9人は「あ、いい音」という印象を感じるはず。これってなかなか難しく、ストライクを取ることが難しい、趣味性の高いイヤホンの世界ではレアなことだと考えます。

もうひとつ、このイヤホンの特徴は「やわらかい音」ということ。バラードを聴いたりすると顕著ですが、通常のJ-POPでもすべての音にやわらかさを感じます。直線的とはいえない、ちょっとだけ面取りしてあるような感じ。芯がないわけではないのですが、耳障りのよい心地よい音になっています。この傾向、自分はとっても好みです。

正直、このイヤホンでハイレゾなどを熱心に聞く用途としては向いていない気がします。もっといいイヤホンがあるし、そういった人はもっと高価なものを選べばいい。でも、(大半のひとがそうであるように)普通に聞き流す音楽を考えるようであれば、このイヤホンは最高のお供になれます。聞き疲れしない、邪魔しない音楽を奏でてくれるイヤホン。強くおすすめできるイヤホンがまた一つ増えてしまいました。ipod純正のイヤホンからのステップアップにお勧めした友人も太鼓判(汗)のこのイヤホン、買って損はないですから、ぜひ。

ちなみに、もういっちょ「DH-299A1」という製品もあったりします。こちらは高音のキラキラ感や低音の力強さをより強化したような、ステップアップした兄貴分的な存在。いいものをお求めになりたければこちらがおすすめですが、標準品からのステップアップとして考えるのはすこしお高めなんですよね。。。 

N906iμ

つれづれ つれづれ-ゆる~い

当時は画期的だった、薄くて軽くてパカパカして防水。すべて兼ね備えた思い出のケータイでした。スマホへ移っていなかったらいまでも使っていたい名機だと思います。

本日の駄文

しばらく休養をとっている私です。やはり休んでいると見えないものもみえてくるような気がします。とりあえずわかったのは、自分がとっても疲れていたということ。朝から晩までずーっと寝ている生活なんて想像できませんでしたからねぇ。。。

N906iμ

特別お題「おもいでのケータイ」

私が一番最初にケータイを持ったのはたぶん20年くらい前だったような。ポケベル時代からPHS時代に移り変わっていて、まだ周りはPHSを持っていた人が多かった頃。さすがに仕事で電話をする機会も増えてきた私にとって、当時のケータイはあこがれの存在(かつ、高嶺の花)だったことを覚えています。

私はずっとdocomoユーザでした。(今では格安simにお世話になっています)そのdocomoの名機といえば、いまも昔もNシリーズのカパカパケータイでした。当時は着信がある度にパカッとケータイを開けて電話をとる、そんなことにあこがれた時代があったなぁ。

忘れられないケータイは、N906iμです。それまでのNのケータイはどんどんゴツくなる傾向があり、胸ポケットにしまってもスマートではなかった。でもこいつは薄くて軽くて防水で、カッコいい。当時こだわっていた「青いケータイ」という希望も満たし、なんともスタイリッシュで気に入っていたのでした。

たぶん、ケータイの進化がなかったら、いまでも使い続けているであろうこのケータイ。なぜかいまでも手元にあるこのケータイ、先祖返りしてまた持ってみようかしら。

f:id:hamabasso:20170316102032p:plain

(画像はdocomoさんのページから拝借しました、どうもありがとうございますm(__)m)

sponsored by KDDI