読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘ音記号のひとりごと

モノ多め、音多め。日々徒然なるままに生きていきたい。

指導者と、指揮者。

吹奏楽-経験談 吹奏楽

吹奏楽の世界に「指導者」はそれこそたくさんいらっしゃいますが、音楽を純粋に追求してくれる「指揮者」は少なくなったと思います。音楽の本質ってなんだろう。そう考えてしまう飲みの席でした。

本日の駄文

ようやく今月の納期も終わり、なんとかゆとりを持った生活の兆しが見えてきました。とはいえ、来月もそのまた次の月も、同じようなタイミングで死亡フラグが立ちそうな気がして。根本的に仕事のやり方を考えなければならないような気がしている今日このごろです。

指導者と、指揮者。

週末、音楽仲間と飲む機会がありました。そのときにトレーナーの先生もお迎えすることができたのですが、その先生がおっしゃっていたことが痛烈に心に残ったので、ご紹介したいと思います。

先生はプロの演奏家ですので、当然ながらいろいろな方の指揮で演奏されたことがあるそうです。当然ながら演奏するときは指揮者の意向、どういった音楽の表現をすればその指揮者に応えることができるかを考えるそうです。翻り、現在の吹奏楽の世界。周りはみなさん吹奏楽の「指導者」ばかりで、純粋な「指揮者」は本当に少なくなったと嘆いていらっしゃいました。

我々はアマチュア奏者ですから、当然趣味の一環として音楽をやっています。うまくなりたいと思って楽器を弾いています。だからこそ、先生に対しては何らかの指導をしてくださることを期待します。そして自分の楽器の腕、音楽の表現方法なんかはうまくなります。きっと。でもそれはもしかすると自己満足なのかもしれない。一番は、音楽を聴いてくれる方がどう感じてくださるか。たとえ下手くそな表現でも、それを好きだと行ってくれるそんな人がいるのであれば、そちらの路線を目指すことも一つの正解ではないのだろうか。こう考えてしまいました。

先生がおっしゃっていた「指揮者」の棒で、私も演奏させていただいたことがあります。音楽の作り方も個性的だったのですが、それこそ普通の吹奏楽の世界では使わないような表現方法や、楽典のスタンダードとは異なるような弾き方を要求する楽曲の作り方でした。演奏しているときは半信半疑だったのですが、客席で聴いた方に言わせると、その演奏は胸をうつものだったそうです。確かに、これは「指導」ではない、「指揮」なんだ、とはっと気付かされました。

日本の吹奏楽レベルは世界一かもしれません。技術的には素晴らしいかもしれません。ただ、音楽の本質って技術コンテストじゃないと思うのです。テクニカルな現代曲を完璧に演奏するだけの「技術」、それを「指導」してくれる人材だって絶対必要だと思いますが、それと比肩して、音楽を「表現」してくれる「指揮」してくれる人材。こういった人が吹奏楽の世界に目を向けてくれることを願ってやみません。

毎朝のルーティン

つれづれ-ゆる~い つれづれ

仕事をするにも、気の乗らない朝だってありますよね。何らかのルーティンがあれば、仕事に取り掛かりやすくなるのかもしれませんよ。

本日の駄文

いやー、今月も怒涛のように忙しいweekです。なんとか生存の報告ができるだけ良いですね。とりあえず。

毎朝のルーティン

いちおう、普通の会社員である私。普通に落ち込むこともあります。久しぶりに会社に行きたくなかったりします。それが顕著に現れたのが月曜日でした。会社に行きたくない。でも行かなきゃいけない。なんとか気を取り直して会社に着き、いつものルーティンをこなすといつも以上に集中力が高まってエクセルと格闘する自分。あぁ、社畜だなぁと思います。

毎朝のルーティンは、それはそれで自分のコンセントレーションを高める要素があるのかもしれませんね。私の場合は、朝ごはんを食べる、コーヒーを淹れる、メールをチェックする、業務先のニュースをチェックする。こんなところですが、会社に着いてなにもしないよりは気合が入る一つの「儀式」なのかもしれません。

何気ない日常の一コマ。でもこういったところから、なんとか気合と保って行きたいものですね。(ショートショートでお送りしております、明日こそは何か書きたいところですねぇ)

会社で愛用しているコーヒードリッパー。紙が要らないのが一番の利点。欠点は掃除しづらいことくらいかな?心なしかコーヒーが紙ドリップよりも美味しく感じるのは気のせいかしら?

日本の観光体験

つれづれ つれづれ-ゆる~い

海外の方が日本を多く訪れます。できれば、せっかく日本にきてくれたのであれば日本ならではの体験をして欲しい。そんな風に私は考えてしまうのでした。

本日の駄文

この三連休で、ようやく私も初詣に伺いました。運試しでおみくじをひいたのですが、結果は吉。気になったのは、「失物 来ず」ちーん。悲しいわぁ。。。

日本の観光体験

初詣に伺った先は、ご存知浅草寺。かれこれ数年ぶりに訪れた雷門はそれこそ国際色が非常に豊かで、さすが世界に名だたる観光地だなぁ、と感じました。国籍もいろいろな方がいらっしゃっているようで、英語や中国語、ハングル語以外にも様々な言葉が飛び交っていて、まさにインターナショナルを感じました。

そんな中。お正月だったからか晴れ着姿の女性もいて眼福だったのですが、なぜか浴衣のようなナイロンの着物を来た女性の集団が。喋っている言葉は日本語ではなく、海外からの観光客のようです。とはいえ、その日の気温は真冬の寒さ、凍えそうになりながら仲見世を歩く姿は、少々かわいそうで、しかも成人式の振り袖と比較してしまうと貧相に見えてしまって「なんだかなぁ〜」と感じたのでした。

確かに、観光という観点では通常の着物を使うには少し難しいかもしれません。和服の締め付けは海外の方には辛いかとは思います。しかしながら、せっかく日本に来て着物を着るのであれば、本物を来て欲しい。そう思ってしまいました。もし仮に私が海外から来た女性であれば、きちんと着物を着たいから。かりに気持ちが悪くなったとしても、それも旅の思い出になると思うから。ちょっといろいろと考えさせられました。(段々気持ちの余裕がなくなってきているので、本日もショートショートで失礼いたします)。

ご存知(?)私も大好きボールペン、ジェットストリーム。海外の方にはこの高品質なボールペン大人気みたいです。特に、中東各国でおみやげに持っていくと飛ぶようになくなるとか。こういったなんともないことを日本人としてもう少し知っておく必要があるかもしれませんね。